産後ダイエット新着情報&ニュース 目次
スポンサード リンク

産後ダイエットに成功するには意識改革が必要です。妊娠中はあまり運動ができないのでみるみるうちに筋力が低下してきます。低下した筋力をもとに戻すには日々の軽い筋力トレーニングが必要ですよね。

赤ちゃんが産まれると必然的に家にいることが多くなりますのであまり外で運動はできませんが、流行のヨガやピラティスなどをとりいれて家の中でもできる運動からはじめてみてはいかがでしょうか。

産後直前は寝不足や体力低下により無理なダイエットは禁物です。授乳中は意外と元の体重にもどっていくのですが、卒乳したと同時に体重が増えていくということもあります。

実際、わたしは体験しました。一度は妊娠前の体重にもどったのですが、ふと気がつけば赤ちゃんがお腹にいた時の体重よりオーバーしていてその後はなかなかもとの体重には戻らなくて今まで履けていたジーンズやスカートがきつくなっているという悲しい現状です。

産後ダイエットをするにあたっての意識改革はまずは目標をたてること。すぐに体重がおちるのを望むのではなく一年計画くらいでいったほうが良いでしょう。

家にいることが多いとついつい食べることが楽しみになってしまいます。だらだらとした食生活のうえ、運動不足ではダイエットするどころか体重増加という恐ろしいことになっていまします。食事を低カロリー食にかえておやつも低カロリーのおからを使ったおやつや豆乳を使ったおやつ、寒天をつかったおやつなどに変えていくと良いでしょうね。

軽い筋力トレーニングに加えて骨盤矯正をしたほうが良いでしょう。骨盤矯正は、出産によって大きく開いてしまった骨盤を元に戻すことです。産後すぐに骨盤を引き締めないと下半身にたっぷりお肉が付きやすくなります。そして腰痛などの原因にもなります。

実際、私はギックリ腰に三回ほどなりとても辛い思いをしました。カイロプラクティックなどで骨盤矯正もできますし、家でも手軽にできる運動もありますのではじめてみてはいかがでしょうか。

女優の竹内結子はお子さんが生まれてからより一層、綺麗になったと思う方も多いのではないでしょうか。わたしは産後ダイエットできず逆に太ってしまったので羨ましいかぎりです。

竹内結子さんを見習って今からでも産後ダイエットしたいと思います。気になる竹内結子さんの産後ダイエット法は、インスパイリングエクササイズといいます。

インスパイリングエクササイズとは、スタジオインスパイリングを主宰しているMicaco(ミカコ)さんが考案したダイエット法です。Micaco(ミカコ)さんはタレントさんや女優のパーソナルトレーナーとしてボディーメイキングの指導もしています。

インスパイリングエクササイズは最近ではよく耳にするピラティスとヨガをを元にしているエクササイズで、出産や育児などが原因で、女性の身体が持つ本来の美しさを失っていくのを防げないかということで考えだされたそうです。

インスパイリングエクササイズでは、日常生活の緊張した体をリラックスさせることから始まり、骨盤のゆがみを正し、骨を支えるインナー・マッスルといわれる体幹部を刺激することで、体の内側から痩せやすい体づくりを可能にするという効果があります。

竹内結子さんのほかにもジャガー横田さんも、インスパイリングエクササイズを産後ダイエットに使ったそうです。インスパイリングエクササイズは、スタイルの回復に効果的ですが継続的な運動ですので、根気も必要です。

インスパイリングを始めることで、サイズダウン効果だけではなく他にも様々な効果が期待できます。たとえば姿勢や体調が良くなり、冷えやむくみの解消、生理痛なども改善されるます。またリラックス効果もありますので寝つきがよくなり安眠することができます。

産後ダイエットを行う人は成功例、失敗例ともに食事の量を減らしたダイエット方法が一番多いようです。その食事の量の減らし方によって成功するか失敗するかどちらかに別れるようです。

やはり極端な食事量の減量は一時的に体重が減ったとしても結果的にリバウンドしてしまい失敗してしまう方が多いようです。身体に無理のない程度で食事制限と適度な運動を心がけるのが成功の鍵ではないでしょうか。

産後ダイエットを行うにあたって習慣として生活に取り入れることができます。例えば「こどもの食べ残しはたべない」、 「赤ちゃんのためにとにかく掃除して身体を動かす」、「毎日散歩」、「家事をおんぶして行う」、 「食事は野菜中心でライスの代わりに豆腐を主食にする」、「ストレッチを空いた時間に行う」、「子供を抱いたままスクワット」

といったようにダイエット勝ち組ママたちの成功の秘訣は日々の生活のなかでたくさんカラダを動かすことやダイエットしているという意識を持たないことが重要になってくるようです。

◆産後ダイエットのエクササイズ

産後に適度な体操をすることは、疲労回復のためにも効果的です。ハードな運動ではなく手軽に続けられるエクササイズをやってみてはいかがでしょうか。

・スロートレーニング
横になった状態で、手首・足首などを少し力を入れて緊張させながらゆっくり動かしていきます。上下4秒ずつゆっくり動かしていきそれぞれ10回くらい行います。

運動に慣れてきたら、首の上下運動や、おなかを持ち上げる運動、ひざの曲げ伸ばしといった大きな動作のエクササイズに変えていきます。

家事が出来るぐらいまで体力が回復したら、腹筋や、立った状態でひざの曲げ伸ばしをしたり、ひざをついての腕立て伏せなどの少しハードなエクササイズを取り入れると良いでしょう。

・アイソメトリックトレーニング(静的運動)

手のひらと手のひらを押し合ったり、逆に両手で引っ張りあったりするあまり身体を動かさないエクササイズです。時間は10秒~15秒通常の呼吸を保ったまま最大の力で押し合ったり引っ張り合ったりします。このエクササイズにはタオルを使うのも良いでしょう。スロートレーニングと組み合わせてやってみると良いでしょう。

産後ダイエットがうまくいかない方は骨盤矯正に挑戦してみましょう。

女性の身体は妊娠することによってリラキシンというホルモンが分泌します。そのことによって出産時に骨盤が開きやすくなります。また、お母さんのおなかの中で赤ちゃんが育っていくと、子宮が大きくなることによって腹筋や骨盤の周辺の筋肉が伸ばされてしまいます。

出産しても骨盤が開きやすい状態のままほうっておいてしまうと、内臓を守ろうとするために皮下脂肪を蓄えてしまいますので結果的に産後太りになってしまいます。

出産をすることによって開いた骨盤は、ホルモンの影響によって産後約2ヶ月で元に戻ろういう働きがありますが、筋肉の量が減っているので収縮がきちんと行われず正常に戻らないことがほとんどです。

また、筋肉が減ったことによって基礎代謝量が低下しますので脂肪が燃焼されにくくなり体重や体型も元に戻りにくくなります。さらに悪循環が続き骨盤が歪んだままの状態ですと内臓が下がっていくのでお腹まわりやお尻まわりが大きくなったりしてしまいます。骨盤矯正をしないと出産前と同じ体重であったとしても下半身にばかりに余計な脂肪がついてしまうことになってしまいます。

出産をしてからゆるんだ骨盤を、そのまま放っておいてしまうと骨盤は歪んだままになってしまいそのまま固まりやすくなってしまいます。しかし産後に開いた状態の骨盤は、ゆがみを矯正しやすい状態なので時期を逃さずに骨盤を矯正することが重要になってきます。

産後は育児でお母さんは忙しくなりますが、骨盤や身体の歪みをケアをしないままでいると腰痛や肩こりといった弊害もおきてきますので早めのケアが大事でしょう。

産後ダイエットを行うには色々と方法があります。その中でも補正下着で身体を整えることをご紹介したいと思います。

産後の女性が一番気になる身体の部位はお腹周りです。妊娠中に赤ちゃんを守っていたお腹は筋肉が落ちてしまうので脂肪に変化しやすく子宮が大きくなるので皮膚が伸びてしまうことがあります。そのまま放置しておくと一気に体型が崩れてしまいます。

次にあげられるのはバストですが、授乳によってバストの形が崩れたり、卒乳をすることによってボリュームが減ってしまうバストのことです。バストがボリュームダウンしてしまうと、他の部位の贅肉がバストに移動すればいいのに、と思ってしまいますよね。

産後ダイエットが成功して体重が元にもどったとしても体型が以前と違うと感じる方も多いでしょう。体重が元に戻ったとしても贅肉がつく場所が違えば見た目が違うものになってきて体型崩れということになります。

崩れやすい体型ということは整えやすい体型ということです。産後の女性の体は、とてもやわらかく体型を整えやすいので早いうちに体型補正をおこなったほうが良いでしょう。時間がたってしまうと硬くなって脂肪も落としにくくなりさらに体型が崩れることになってしまいます。

産後の身体には補正下着をつけることが最適です。補正下着によって正しい位置へキープすることで、理想のプロポーションへ近づくことができます。ただ補正下着も自分にあったものをつけないと身体に負担がかかってしまうので良く選んでから使用するようにしましょう。

出産の後は一時的に骨盤が開いた状態にあり骨盤が上手く元に戻らないと開いた骨盤の中に胃や腸が入り込んでしまい下腹部が出てしまったり、お尻が大きくなってしまう原因になる場合もあります。

もともと筋力のある人や基礎代謝の高い人、出産した年齢が若い場合などは特に努力をしなくても自然に元の体重に戻る場合が多いです。

体重がもとにもどっとしても実は体型が戻らない、という人も多いのです。体型が戻らないという人は体脂肪率を計ってみると妊娠前より増えている場合が多いようです。

体脂肪率が増えることは身体の筋肉が衰えてしまったために体の各部分がたるんでしまったことが原因になります。脂肪は筋肉よりも軽いので体重は同だとしても脂肪の割合が多いほうが服のサイズは大きくなります。

産後ダイエットは体重を元に戻すことのみに注目せず、筋力や筋肉量を増やすことを目的にしてみると良いでしょう。筋肉量を増やすことによって体が消費するエネルギー量が増えるので太りにくく痩せやすい体になることができます。

筋肉をつけるには骨格を整えて正しい姿勢を維持することです。歪んだ身体には歪んだ筋肉しか付かず基礎代謝もおちるので結果的に痩せにくい身体になってしまいます。

◆産後の骨格矯正

・床に横になり両ヒザを立てます。このときに自分の背骨がまっすぐになっているかを確認してみましょう。

・寝たままで大きく深呼吸をします。息を吸ったときには背中がしなるので床と腰の間に空間ができます。息を吐いたときには背骨が床に付いて尾骨が床から離れます。背骨の動きを感じながら深呼吸をしてみましょう。

・片足を天井に向かって伸ばしていき、腰はしっかりと床につけてます。次につま先を手前に向けかかとを突き出すように天井に向けます。かかとを天井に向けた状態のまま、足の付け根からひねるように外側、内側とひねってみます。お尻は床につけたままの状態で動かしましょう。

・外側にひねった状態のまま、ゆっくりと床に足をおろしていきます。このエクササイズを左右交互に行っていきます。

妊娠中はお腹の中で、赤ちゃんが成長してくるのと同時に、母体の骨盤も開いてきてだんだん歪んできます。お腹の中で赤ちゃんが動くだけでも、わずかに骨盤が開き歪んできます。

だんだんと出産予定日が近づくと、ホルモンの影響で子宮口が柔らかくなるので恥骨結合も少しずつ開き始めます。この時、赤ちゃんは横向きになり、骨盤内に入ってきます。

出産が始まり赤ちゃんがこの世に誕生する時には、赤ちゃんは母体の背中側へと向きを変えて、排臨の状態になります。 排臨の状態のときの赤ちゃんは、後頭部が恥骨に引っかからない様に、あごをぐっとあげて恥骨を通過していきます。赤ちゃんは横向きになり、ゆっくりと片方ずつの肩をだし終えると一気に産道からするりと出てきます。

骨盤は、赤ちゃんが誕生するまで色々な動きをします。骨盤が動くことによって恥骨結合が緩み、産後の骨盤は必然的に開いてしまう状態にあるのです。また、お尻の骨(仙骨)も歪むことで骨盤全体が広がり、産後の骨盤は緩みきった状態になってしまいます。

骨盤が開いた状態でそのまま何年も過ごすと、太りやすい体質になります。またストレスが溜まりやすくなったり、腰痛や肩こり、偏頭痛といった症状もおこり育児に負担がかかることもあります。

骨盤が広がることでお尻周りに脂肪が付きやすくなるので、姿勢が悪くなり、お尻がたれてしまったりウエストなども大きくなってしまいます。またO脚やX脚による脚の変形を引き起こすこともあるので下半身が太りやすくなったり、膝関節に無理な負担がかかるので膝を痛めてしまう可能性もあります。出産後の骨盤矯正はなるべく早いうちに行ったほうが良いといえるでしょう。

産後骨盤ダイエットの方法としては、骨盤を矯正するダイエット方法が注目されています。出産後の骨盤の歪みを解消して、出産前の体型を取り戻す方法が産後骨盤ダイエットです。

産後骨盤ダイエットをおこなうことによって痩せる効果をえるだけではなく、太りにくい体質にもなりますので妊娠する前よりも綺麗なプロポーションになる方もいるようです。

出産後には骨盤が歪んでしまいます。それはどうしようもないのですが、そのことが原因で肥満や下半身太りになる女性が多いのです。また、骨盤が歪むことによって便秘や下痢、腰痛、肩こり、冷え性、不眠、生理痛(生理不順)、肌荒れ、O脚といった多くの症状の原因にもなります。

出産後に産後骨盤ダイエットをおこなう場合には、正しい産後骨盤ダイエットの方法を行いましょう。きちんと骨盤の歪みを解消することによってダイエット効果を得られるだけではなく、さまざまな身体の悩みやトラブルを良くする事ができます。

骨盤に歪みがあるだけではなく、骨盤が開いてしまったことによって、身体の中のインナーマッスルが衰えてしまうことがあります。インナーマッスルが衰えてしまうと基礎代謝が下がってしまいます。また筋肉の衰えにより内臓の位置が下がると身体の機能も正常に働かなくなり、下腹部が出てしまうことにもなります。

骨盤矯正ダイエットをおこなうには自分の骨盤の歪みを確認して、無理なく続けられる方法を選びましょう。産後骨盤ダイエットの方法を紹介したDVDや書籍なども色々とありますし、骨盤矯正をするためのベルトやクッションなどのグッズも市販されていますので自分にあった方法を見つけてみましょう。


産後ダイエットをおこなうには摂取カロリーをカットするダイエットのみではなく、きちんとした食生活をおくることが大切になります。

産後ダイエットをおこなうことは出産後もきれいな体型を保つ芸能人が増えているため、今では注目を集めています。

妊娠出産時や産後はとくに太りやすいといわれおり、実際にも産後太ったという方が多いようです。しかし産後には脂肪に流動性がある期間があるためダイエットを行うと痩せやすいようです。

産後ダイエットで注目されちるのは妊娠中にゆがんだ骨盤を正常な位置に戻すことと、妊娠中に衰えてしまった筋力を回復させて基礎代謝を上げることです。

出産をこれから迎える方や出産直後の方は、このことを参考にして産後ダイエットしてみてはいかがでしょうか。

◆酵素食品

酵素は体内における全ての働きに関係しております。酵素があるから体内ははじめて円滑に働くことができます。健康体の場合は、必要な酵素が体内でいつも作られています。

ボディエンザイムとは、体細胞が活動するのに不可欠な体内酵素です。加齢とともに体内酵素は減少していきます。体内酵素を守るためには、腸デトックスと酵素を取り入れた食事が必要になります。

食生活をおくるうえで酵素が少ないと、体に不調をきたすことになります。ふだんの食生活の中で酵素を意識をしながら取り入れていけば消化酵素や代謝酵素、解毒酵素などの体内酵素が活発になりますので健康にも繋がります。

しかし、食物酵素を効率的に体内に取り入れるのはとても大変です。効率的に酵素を取り入れるには吸収されやすい形に分解された食物酵素サプリメントを上手に摂取すると良いでしょう。

妊娠するとあまり身体を動かすことができなくなってしまったりするので筋力が低下してしまったり、必要分よりも脂肪がついてしまったりすることがありますよね。

出産後には赤ちゃんのお世話で大変であったり、骨盤がひろがることによって下半身に脂肪がつきやすくなったりもします。産後にはダイエットは切り離せないものですよね。

産後はお腹がぽっこりしたまま戻らない、また実際の年齢よりも老けて見られるてしまうなど悩みもひとによってさまざまです。

産後ダイエットに成功した芸能人の中にはには松嶋菜々子さん、安室奈美恵さん、江角マキコさん、竹内結子さん、ジャガー横田さんなどがいます。皆さん、出産してからもとても綺麗になりましたよね。もともと綺麗な方たちですが妊娠する前よりも綺麗になったと思える方もいます。

赤ちゃんを出産したあとには筋肉量も減ってしまい基礎代謝量が下がるので、カロリーが消費しにくくて太りやすい体質になってしまいがちです。それに、骨盤も一時的に開いた状態のままなので、下腹部が出てしまいお尻も大きくなる原因となります。

産後は、早く元の体型を取り戻したいという気持ちになるお母さんも多いことでしょう。しかし、育児も大変なので決して無理なダイエットをしてはいけません。無理なダイエットすることによって体調をくずしてしまったり、基礎代謝をさらに低下させてしまうこともあるのでさらに太りやすい体質になってしまいます。

産後ダイエットをおこなうには摂取カロリーをカットするだけではなく、骨盤矯正をおこなって骨盤をひきしめたり基礎代謝を上げる努力をしましょう。特に授乳中の食事は、カロリー摂取を気にするよりきちんとバランスを考えて食べることが大切です。

骨盤を元に戻すためには、カイロプラクティックをうけてみたりコルセットやガードルを下腹に巻いてみたり、骨盤体操をおこなったりしたほうが良いでしょう。赤ちゃんが少し大きくなってきたら、ベビーカーに赤ちゃんをのせてお散歩をかねてウオーキングを始めてみるのもよいのではないでしょうか。

産後にはダイエットすることに意識がいきがちですが、無理なダイエットは決してよくはありません。

無理なダイエットとは、三度の食事を抜いたり、食事のカロリーコントロールをして大幅にカロリーを減らしたり、産後にダイエット食品やサプリメントなどを食べたりするということです。健康にもダイエットにおいても何より大事なのは、バランスのとれた食生活です。

授乳期の母親は、1日に2,150 ~ 2,200kcal のエネルギーが必要になります。食事は主食・主菜・副菜をバランスよくとることが大事です。必ず1日3 食をとるようにしましょう。また、妊娠や出産で失った鉄分やカルシウムを補給できるメニューを取り入れることがおすすめです。

また、授乳中には甘いものや生クリームなどの脂肪分が多いものは、質の良い母乳をつくるためにもおすすめできません。シンプルな和食のメニューをバランスよく食べることが、良い母乳をだすためにも必要になってきます。

つまり、赤ちゃんのためになる食事メニューを心がけていれば、母乳の出も良くなり母親のエネルギーも効率よく消費されていくので徐々にスリムになっていきます。

産後から半年は母乳育児をおこない体重を徐々に元に戻していき、その時期を過ぎてから母乳をやめたり、仕事に復帰するようになる頃からシェイプアップをはじめていくのがよいでしょう。

またわざわざスポーツジムに通ったりしなくても買い物の時に自転車をつかったりするようにすると随分と違ってくるようです。徐々に太ももやヒップの贅肉が取れてくるので気づくと引き締まっていたりします。気づいたら痩せていたということが一番ベストなのかもしれませんね。


産後ダイエットに関するブログはたくさんありますよね。ダイエットブログ村の中でランキング上位にあがるサイトをご紹介したいと思います。

◆産後ダイエットは産後すぐの骨盤ダイエット(http://keika.livedoor.biz/)

骨盤矯正をしてダイエットに成功したかたが情報を公開しています。

◆産後ダイエット・骨盤矯正で話題☆インスパイリングモニターダイアリー(http://blog.starbeauty.jp/inspiring/)

インスパイリングダイエットを推奨するMicacoさんの情報なども掲載しています。

◆産後ダイエット 産後太りを解消する方法をご紹介(http://blogs.yahoo.co.jp/easyslimdiet)

骨盤矯正やエクササイズなどの手軽にできるダイエット方法を紹介しています。

◆産後ダイエット 成功?したかも・・・(http://sangoadiet.seesaa.net/)

ダイエットフェチのかたが、産後ダイエットを成功したかもしれない?という方法について紹介しています。

◆あとのまつり/スリム化2ヵ年計画(http://sangoadiet.seesaa.net/)

育児をしながら産後ダイエットをおこなったかたのダイエット方法について紹介されています。

◆・・・アタシ、痩せます。(http://blog.livedoor.jp/bhibhibhihi/)

お子さんを二人産んで愛しの旦那さまから言われた一言から・・・・痩せますと宣言したそうです。

産後にダイエットをしようと思う方もたくさんいると思います。ダイエットを始めると人の体や脳は体重が減ったことを体に異常が起きたと判断してしまいます。

そのため体の機能を正常な状態に戻そうとするような働きがあり、ダイエットには停滞期というものがあります。停滞期は体をもとの状態に戻してから安定させようとする時期なのです。

そのため停滞期に無理なダイエットをしても身体はこれ以上体重を減らさないようにする機能が働くので体重はなかなか減りません。

一般的には一ヶ月の間で体重の5%を減量すると停滞期に入るといわれているようです。体重が60kgあるとすると3kgということになります。

停滞期にはいった場合にはどんなにがんばったとしても体重はなかなか減らないというように割り切ることも大切です、

また栄養をいつも以上に吸収しようとして体もがんばっているので食事制限をしても余計に吸収されてします。

あまり無理をしてしまうと体を壊してしまうこともあったり、ストレスを感じてしまってダイエットを挫折してしまいかねませんので注意したほうがよいでしょう。

体重を管理するには日々、体重計にのることをおすすめします。朝起きてからと夜、お風呂にはいったあとにでもよいでしょう。

一日の間でも体重は変動します。しかし、体重計にのることを心がけているといつのまにか太ってしまったというようなことはなくダイエットの励みにもなりますよ。

産後に太ってしまったことを気にして、食事を減らすことがダイエットではありませんので気をつけましょう。産後にはそれと同時に授乳という仕事が待っています。母乳は、赤ちゃんを育てるためには大切な食事になります。

母乳は、お母さんが食べる食事によって成分が変わってきます。お母さんがバランスの良い食事を摂ることによって赤ちゃんもバランスの良い食事を摂る事が出来ます。

けれども妊娠中に付いた脂肪をすっきり落としたいということや、産後も太りたくないと考えてしまい食事の量を減らしてしまったり炭水化物を減らしたりというような行為は、赤ちゃんの成長によくはありません。

また、産後の回復途中で間違ったダイエットを行ってしまうと出産が引き金となって起こる疾患などにもかかりやすくなってしまいます。そのため健康面でも大きな影響を及ぼしてしまうことがありますので充分な注意が必要です。

お母さんが体調が悪いと赤ちゃんを育てるのも大変ですし、周囲の人にも迷惑をかけてしまうことになります。出産後には食事を減らしたりしなくても、しっかりと母乳が出ていればそれだけで元の体重に戻るケースが多いようです。

スナック菓子や甘いものや、ジュース類などの間食や肉類や脂っぽい食べ物などは控えて、白身の魚や具がたっぷりはいった汁物を食事に添えるなどしてバランスを考えた食生活にしていくことが、産後のダイエットとなるでしょう。

産後の運動は産褥体操から始めて1ヶ月検診の際に医師の許可をもらったら産後ダイエットを始めるようにしましょう。産後は骨盤や恥骨、仙骨などが正常ではありません。骨盤底筋群などの緩みなどがある状態なので急激な運動やダイエットはさまざまな疾患へと繋がる場合があります。ゆっくりとスタートさせて無理のないようおこなうようにしましょう。


帝王切開で赤ちゃんを出産しても産後ダイエットはできるでしょうか?

出産は正常分娩でおこなうのが一番でしょうが、母体や赤ちゃんのことを考えて帝王切開で出産することもあると思います。

帝王切開で出産をすると出産した後の傷が引きつるように痛いそうです。そのため傷が癒えるのをまたないままに赤ちゃんのお世話が待っているのでお母さんの負荷もとても大きいと思います。

しかし、そんな辛い産後を過ごしていたとしても産褥期を過ぎて体の状態がだんだんと落着いてくる頃には産後ダイエットをしようかと思い始めるのではないでしょうか。

さすがに出産した直後は産後ダイエットどころではないでしょうし、傷が痛いので産後ダイエットにまでは頭が回らないでしょう。

落ち着けいてきて無理のない範囲でなら、帝王切開で出産したとしても産後ダイエットをおこなうことは可能です。あまり無理せずに少しずつ始めていったほうがよいでしょう。

◆帝王切開の産後ダイエットのポイント

産後ダイエットの基本であげられることは出産のため開いてしまった骨盤を元に戻す骨盤矯正を行うことです。

そのためウエストニッパーなどの補正下着を使って引締めを行うのですが、帝王切開で出産した場合には産褥期にきつめのニッパーで締め付けることは無理でしょう。

しかし、帝王切開で出産した人でも使える柔らかい素材で出来ていてマジックテープで締め付け具合を調節できるウェストニッパーなども販売されています。

産後ダイエットにニッパーなどの補正下着を使用する場合には、そのような骨盤やウエストの脂肪部分の引締め効果があってお腹の傷に負担のかからないものを選んだほうが良いでしょう。

ガードルを使う場合にはちょうどいいサイズのものよりも1サイズ大き目のサイズを選び、ウエストニッパーを使う場合にはサイズ調節ができるマジックテープ式やホック式などの補整下着を選んだほうが良いでしょう。

産後ダイエットは、産後6ヶ月くらいまでの期間が効果があるそうです。帝王切開をおこなうと思った以上に体に負担がかかってしまいます。産後ダイエットを始める時期は産後2ヶ月位から少しずつ無理のない程度に始めてみてはいかがでしょうか。

日本ブログ村(http://diet.blogmura.com/diet_sango/)の上位ランキングにはいっている産後ダイエットブログについて一部、ご紹介したいと思います。

◆40s愛されるカラダ(http://fufu.lovepop.jp/)

40代の主婦のダイエット体験の日記や若返りについての奮闘記 2007年9月に40歳で高齢出産した女性で、産後ダイエット成功中です。現在はマイナス17kgという数字がでています。

◆産後ダイエット(http://nosaking.blog51.fc2.com/)

妊娠したことによって体重が20kg増えた女性のダイエット 骨盤矯正ダイエットなどが掲載されています。

◆キエリボウシの食卓(http://ameblo.jp/potechiballet/)

Iターンで田舎暮らしをしている女性のダイエット日記 産後ダイエットとバレエについての雑記が掲載されています。

◆umimu(http://nosaking.blog51.fc2.com/)

早生まれの息子さんをもつ女性のブログです。いろいろな未就学園児のクラスに顔を出して、親子で楽しんでいるそうです。育児の合間に産後ダイエットにも取り組んでいるそうです。

◆産後ダイエット(http://sakurasakurio.blog62.fc2.com/)

出産を終えてから、自分の体を見てみたら直視できない体型になってしまった。。。またオシャレができるようにがんばっている女性のブログです。

骨盤矯正はお母さんにとっても良いことですし、次にお子さんを出産するとしたらその子供にも良いことになります。歪みのない骨盤の状態であると、赤ちゃんもお腹の中からうまく出てきやすいそうです。

骨盤矯正をおこなうと妊娠前よりもスタイルがよくなったり、腰痛予防などにもなります。産後のダイエットは骨盤矯正体操をおこない理想の体型に近づけるように頑張りたいですね!

具体的に骨盤矯正をおこなうには整体・接骨院に通院したり、市販されてる骨盤矯正ベルトやガードルなどを使用する、自宅で骨盤矯正体操やストレッチをおこなうことがあげられます。

病院に通院する場合には、施術をおこなうので体全体の歪みが治ります。それなりの効果がでると思います。しかし費用がかかることになります。

市販されている骨盤矯正ベルトやガードルなどは、それら単独での効果はあまり期待できませんが補助的な役割は果たしてくれると思います。

骨盤矯正体操は自宅で簡単にできますし、毎日の少しの空いた時間でできます。きちんとした正しい方法をマスターすれば、産後ダイエットの効果もでてくるでしょう。

骨盤矯正体操は書籍などもたくさん、出ています。あわせてヨガやピラティスなどのエクササイズを取り入れることも良いでしょう。

産後は授乳や赤ちゃんのお世話もありますので、無理せずに少しずつ産後ダイエットをおこなうようにしたほうが良いでしょう。

骨盤矯正ダイエットに関する書籍についてご紹介したいと思います。

◆亜矢子先生の骨盤ダイエット たった3分でスタイル美人 やせるだけじゃダメ、キレイにならなくちゃ!

著者、訳者名:納富亜矢子/著
出版社名:徳間書店 (ISBN:978-4-19-862504-7)
発行年月:2008年03月
サイズ:103P 21cm
価格:1,365円(税込)

芦屋でとても人気のある整体美人セレブ・骨盤矯正のエキスパートの納富亜矢子先生が教える、綺麗なカラダになる骨盤体操について掲載されています。

◆決定版 骨盤矯正 バランスボールエクササイズ レッスンシリーズ

著者、訳者名:入江 義仁 指導監修
出版社名:パッチワーク通信社 (ISBN:978-4-89396-966-8)
発行年月:2007年03月
価格:1,000円(税込)

◆骨盤・体の歪みバスタオル矯正法―自分でできる! (単行本)
著者:新渡 英夫 (著)
価格:1,050円(税込)

◆骨盤+股関節ダイエット健康法―恋も結婚も仕事もうまくいく「体験に学ぶ」 (単行本)

健康研究会 (編集)
価格:840円(税込)

◆1分間やせる体幹ダイエット―走らないのに体型が変わる (単行本)

著者:金 哲彦 (著)
価格:1,365円(税込)

産後のダイエットは焦らずにおこなっていったほうが良いようです。最近では、女性の間で骨盤と名前のつくエクササイズが人気のあるようです。

目的が、ダイエットとはいえ、妊娠する前の女性が骨盤への意識を持つことはとても良いことのようです。しかし、産後まもない女性が骨盤が広がるから補正下着で引き締めなくてはと、急ぐのは少し早いようともいわれています。

産後の場合は、ある程度骨盤は広がるものです。妊娠中についてしまった脂肪もすぐには減りません。産後の半年くらいは、体重が通常の状態から2~3キロ増えていることが一般的です。

この期間に、無理なダイエットをおこなうと母乳が出なくなってしまったり母体の回復が遅れてしまうこともあり、危険度が高まります。

産後は母乳育児をおこない自然にダイエットすることが望ましいです。産後太りを早く脱却して、妊娠する前の体型に戻りたいというように女性であれば、きっと誰しも思うことでしょうね。

出産する前から、産後ダイエットのことを色々と調べているかたも多いと思いますが、実はそんなに焦らなくても大丈夫なのです。なぜかというと育児はとてもエネルギーをつかうものです。特に母乳育児では、とても多くのエネルギーを消費することができます。

母乳を赤ちゃんに1cc与えることによって、1キロカロリーを消費することになります。赤ちゃんに母乳を与えているだけでも、体に蓄えられた脂肪は徐々に消費されていくのです。母乳育児で徐々に産後ダイエットをしていきましょうね。


産後ダイエットは、出産をしたお母さんには気になるところですが産後ダイエットを始める前に何に気をつけたらいいのか知っておきましょう。

産後は育児という大変なお仕事がまっています。母乳をあげているお母さんならとくに食事制限などをおこなって無理なダイエットをしないことが大事ですよ。母乳育児をしているお母さんたちなら、母乳を終えてからダイエットをはじめましょう。

無理なダイエットとは、食事を抜いてしまったり食事のカロリーコントロールをしたり、ダイエット食品やサプリメントなどを食べたりというようなことです。ダイエットをおこなうにあたって何より大事になってくることは、バランスのとれた食事です。

授乳時期のお母さんたちは1日に2,150から2,200kcalのエネルギーが必要となってきます。食事は主食、主菜、副菜をバランスよくとるようして必ず1 日3 食きちんととるようにしましょう。また、妊娠や出産で失った鉄分やカルシウムを補えるようなメニューを取り入れることも大事なことですよ。

授乳時期にダイエットはしてはいけないとは言っても、生クリームやチョコレートなどの甘いものや脂肪分が多いものは質の良い母乳をだすためにもあまりおすすめできません。

シンプルな和食メニューを心がけてバランスよく食べるようにすることが良い母乳のためにも必要になってきます。つまり、赤ちゃんのためになる食事をとるように心がけていれば母乳の出も良くなりますのでお母さんのエネルギーも効率よく消費されます。だんだんとスリムになっていきますよ。

産後半年は母乳育児をおこなって体重をだんだんと元に戻していき、それを過ぎてから母乳をやめたり仕事に復帰するという時期になってから、シェイプアップを本格的にはじめることがベターでしょう。

わざわざスポーツジムに行かなくても、買い物をするときなどに自転車をつかったりしても効果があります。太ももやお尻の贅肉が取れますのでずいぶんと引き締まりますよ。


ジャガー横田さんも産後ダイエットに成功した一人ですよね。ジャガー横田さんは医師の木下博勝さんと結婚してからお子さんを妊娠しました。そして高齢出産を克服して一児の母親となりました。

幸せいっぱいの出産のようでしたね。でも妊娠を期にしていらないお肉もいっぱい付いてしまったようです。そして驚くことに出産してから後3ヶ月でプロレスの復帰戦がきまったそうです。

ジャガー横田さんは多くのプロレスファンを魅了してきたトップレスラーです。そのトップレスラーとしてはこの体型のまま、リングに上がる訳にはいかないということでダイエットを決行しました。

そんな悩みのためをもつジャガー横田さんの体を引き締めるのは、「インスパイリング・エクササイズ」です。指導をおこなったのは「産後ダイエット」のカリスマ的な存在のMicaco(ミカコ)さんです。

Micaco(ミカコ)さんは、自身も2人のお子さんを出産しています。その後に綺麗なボディーラインを復活させた経験の持ち主です。Micaco(ミカコ)自身の体験から産まれたエクササイズがインスパイリング・エクササイズなのです。

出産してから美しさが増したと評判がある女優の竹内結子さんも、Micaco(ミカコ)の生徒さんで有名ですよね。新米ママのジャガー横田さんは子育てに奮闘しながらもリング復帰を目指してダイエットをはじめました。

ダイエットをはじめて10日目の途中経過の計測では体重が62.3kgとこの10日間で、2kgのダウンでした。成果がきちんとでてますね。またジャガー横田さんが一番気にしていたウエストは76.5cmと10日間で、3.5cmのサイズダウンです。たった10日目で早くも成果が出始めたインスパイリング・エクササイズはみなさん興味を持ちますよね。

小尻は正しい骨盤ケアをおこなうことから作ることができます。最近では、産後のボディラインを整えるための補正下着などもよく売られています。しかし産後から半年間くらいはきちんとした格好をして外出することもあまりないでしょうから、産後しばらくしてから必要であれば取り入れていくほうがよいでしょう。

気をつけておきたいことは産後あまり時間がたたない時期からお腹やウエストを引き締める下着類です。引き締めるべき場所を間違ってしまうと腰痛などがでてしまい体調不良の原因にもなってしまいます。

赤ちゃんが生まれるまでは色々な動きをすることによって恥骨結合が緩んでしまい骨盤が広がってしまいます。また、お尻の部分の骨である仙骨もゆがんでしまい骨盤全体が広がることになってしまいます。

通常であれば産後は母体の回復と一緒に骨盤は徐々に閉じていくことになりますが、骨盤が開いた状態のままという人も実はいます。骨盤が開いたままで長い時間を過ごしてしまうと太りやすい体質になってしまったり、ストレスが溜まりやすくなったりします。ひどい時には育児ができなくなるほどの腰痛を引き起こすような場合もあります。

腰痛は、妊娠中から悩んでいるという方も多いようです。その腰痛が一般的に我慢できる範囲であれば良いのですが、非日常的な腰痛に無理をして我慢しているとしたら大変なことです。あまり無理はせずに専門家にケアをしてもらうようにしたほうがよいでしょう。

女性の骨盤の中には子宮と卵巣があります。そのため男性と比べると骨盤内の構造が複雑になっていることがわかります。妊娠に備えるためにも女性の骨盤は構造上大きくなっており、また広がっている必要があります。

骨盤がゆがんでしまい腹腔が圧迫されてしまうと、そのなかにある臓器が影響を受けやすくなってしまいます。また、女性には血液の流れに子宮や卵巣を流れるバイパスがありますので、男性と比べると血液の流れも異なっています。

そのため女性にとって骨盤内の血行を良くすることは、冷え性の改善もそうですが子宮や卵巣などの病気を予防することにつながります。 子宮や卵巣の機能低下は、妊娠のしにくさやまたは早産、流産をひきおこす要因となってしまいます。

このほかにも、骨盤のゆがみは妊娠中の腰の痛みや出産した時の産道の広がりにくさに影響することがわかっており、骨盤内の血行不良は、胎盤の形成や胎児の発育に影響を及ぼしてしまいます。 そのため妊娠する前からきちんとした健康管理を行うことが大切です。

また骨盤がゆがむことによって、生理痛や便秘、頻尿、胃の圧迫感、仙骨部や尾骨部、恥骨結合部の痛み、股関節痛、膝痛などを引き起こしてしまう可能性があります。骨盤は女性にとってとても大事な身体の一部分です。さまざまな病気を併発しないためにも骨盤の歪みには常に気をつけるようにしましょう。


インスパイリング・エクササイズという言葉をテレビや雑誌などでよく耳にしているかとおもいます。出産した芸能人のかたもこのエクササイズで産後ダイエットに成功しているようです。

インスパイリング・エクササイズとは、美人女優の竹内結子さんのパーソナルトレーナーであるMicacoさんが考案したエクササイズです。竹内さんは産後ダイエットにこのエクササイズを取り入れて、あまり苦労することなく元のスレンダーボディを取り戻したようです。もしかしたら出産する前よりもキレイになったかもしれませんよね。コマーシャルなどで竹内結子さんをみると美しさにより磨きがかかったようにおもえます。

インスパイリング・エクササイズとはカラダの内側を刺激してそのインナーマッスルを鍛えることによって、カラダの中心部はしっかり骨格を支えて表面は女性らしい柔らかさを残したからだ作りをするというエクササイズです。

骨盤を正常な状態に改善するためのエクササイズも含まれているため、O脚やX脚を矯正することができたり小尻にすることができたり、婦人科系の不調や冷えむくみも改善されるようです。

いちばんの特徴として挙げられるのは生活しながら痩せやすいカラダづくりができるということとです。女性らしい美しいボディラインを作れるそうです。産後のお母さんたちやOLさんたちの間で人気がでるというのもわかりますよね。


赤ちゃんが、生まれたらお母さんは母乳を与えて育てていきますよね。赤ちゃんへ母乳を与えているとお母さんの子宮の回復が早くなりますので産後リフォームや産後ダイエットも意外とスムーズにいくようですよ。

人間の体ってけっこううまくできているものなんですよね。赤ちゃんへ授乳している時期は、体が流動的になっているためうまく行くと妊娠する前よりも痩せられる可能性もあるそうです。

けれども、最近では、環境の変化などから母乳が出にくい人も増えているそうです。わたしも息子がひとりいますが、最初の一ヶ月くらいは母乳をあたえていました。でも、慣れない育児と睡眠不足のせいか母乳があまりでなくて息子がお腹がすいてしまってよく泣いていたので、徐々にミルクに移行していってしまいました。

実際に、産後の一ヶ月検診のときにはすでに妊娠する前とおなじくらいの体重にもどっていきました。でも授乳をやめてふと気づいたらまた太ってしまっていました。今思えば、母乳が足りなくてでなくても頑張って母乳を与えるべきだったように思えます。

その時は、息子のお世話に必死で余裕がなかったのだとは思いますが、産院や病院などでも助産師さんがアドバイスしてくれうこともほとんどなのでいってみればよかったと思います。

母乳育児をおこなうと産後リフォームや産後ダイエットにつながるだけではなくて、ミルク育児よりはるかに楽であったり、寝かしつけやすいというようなメリットがあるそうです。きっと赤ちゃんが、お母さんの愛情を感じて安心するのでしょうね。母乳育児に取り組んでいるお母さん、頑張ってくださいね。

産院や病院などでは、どんなおっぱいでも必ず母乳は出ますと張り紙などがしてあることもあります。母乳がすぐにでなくてもあきらめないで母乳を出す方法を実践してみてはいかがでしょうか。母乳をだすためにはおっぱい体操をしてみるとよいでしょう。それは、おっぱいの周辺部のマッサージと乳首のマッサージをおこなうというものです。

この2種類のマッサージを妊娠中は入浴中におこないます。産後は授乳前におこないます。けれども妊娠中は、お腹が張ってしまったり気分が悪くなったりすることもありますのであまり無理はしないほうがよいでしょう。このおっぱい体操は、ピジョンのホームページにも掲載されていますので参考にしてみるとよいかもしれませんね。動画でみることができますので初めての方でも分かりやすいと思います。注意事項も参考にしておこなうようにしましょう。

そして産後にできるだけ早く、赤ちゃんにおっぱいを吸ってもらうことによって母乳が出やすくなります。母乳が最初はでないこともありますが、続けてすわせているとでるようになってきます。母乳が生成されてくるとおっぱいが痛くて眼が覚めたりもします。赤ちゃんに母乳を吸ってもらわないと痛みがとれないくらいです。

最初は、赤ちゃんもあまり母乳の量をたくさん飲めないため母乳をつくるほうが先になってしまいおっぱいがカチカチになってしまうこともあります。痛くて辛い場合などは搾乳器などで母乳をだしたほうがよいとおもいますよ。搾乳器でとった母乳を哺乳瓶でうつしかえて赤ちゃんに授乳させてもよいとおもいますよ。


世界的にも有名なアーティストのバックダンサーが考案した「アウェークニング」というものがあります。このアウェークニングを考案した人はユーコ・スミダ・ジャクソンさんです。日本人ダンサーとしては、初めてマイケル・ジャクソンやベイビーフェイスなどのワールドツアーに参加していたそうです。「アウェイクニング」とは「目覚めさせる」という意味をもっており、身体の軸を感じ眠っている細胞を目覚めさせるといったエクササイズのようです。

アウェイクニングは具体的にいうとボクシングや空手、カポエイラといった武術やさまざまなエクササイズを取り入れてます。普段の生活では動かすことのない部分を有効的に動かして体を内部から変えていくというものです。いままでジャイロキネシスやピラティスなどはフィットネスの先進国でもある欧米から輸入されたものがほとんどですが、インスパイリングとアウェイクニングに共通する点は、カリスマ性のある日本人の女性が考案したということです。

インスパイリングもアウェイクニングも普段の生活ではなかなか動かすことのできない筋肉を意識的に動かすことによって体の改革を試みます。けれども、考案者のふたりのボディを拝見してみると目指すボディラインがちょっと違うかもしれません。女らしいボディラインを目指す場合には「インスパイリング」エクササイズのほうがよいでしょう。ダンサーのような締まったカラダを目指すのであれば「アウェイクニング」のほうが良いでしょう。

産後ダイエットをはじめるときの一番の目的は、お腹の周りについてしまったお肉、いわゆる脂肪を取ることですよね。出産してからの体は出産することによって筋肉の量が減ってしまっています。そしてその分、代わりに脂肪が増えてしまっています。また新陳代謝も低下するため、カロリーを消費しにくかったり太りやすい体質になってしまうようです。そのような時期に甘いものを食べ過ぎてしまったり食べる量が増えてしまうと産後太りがどんどん進んでしまいますよね。

そのため食事を工夫することが産後ダイエット成功の一つのカギとなります。たとえば、満腹感がありカロリーが少ない食品を食べるようにするというだけでも、違ってきますよね。当たり前のことですが、好きな物を好きなだけ食べたい時に食べていては痩せにくい体にあっというまになってしまいますよね。これは妊娠中であっても同じことが言えます。妊娠中も食事に気をつけることが産後ダイエットを成功させるためのコツです。

出産した後は筋肉が減ってしまっているため筋力も低下しがちのようです。体の中に筋肉がついていないと、消費されるはずのエネルギーの炭水化物や脂肪がじょうずに消費されなくなってしまいます。ということは産後ダイエットをするためには良質のタンパク質を摂るようにして筋肉をつけることも大切になってきます。しかし、いきなり激しい運動をすることはおすすめできません。ウォーキングからはじめて体に無理のない程度の軽い運動からはじめるとよいでしょう。

赤ちゃんを産む前は、出産がゴールだと思い違いをしがちですよね。でも子育てが始まったばかりの産後に肩こりや腰痛、腱鞘炎などが出てきてしまいこれは大変とおもわれるかたもおおいですよね。けれどもそのような時期にこそ、自分を見直すチャンスとおもって自分の身体と向き合うことが大切です。

産後の不調は、身体の使い方が悪いところに起こるとされています。たとえば骨盤が前に傾いている人は腰痛になりやすいです。そしてお腹に力が入っていないと肩こりが起きやすいのです。身体のどこかが痛いときは、赤ちゃんの重さのせいではなくて自分の姿勢の悪さのせいなのです。

また産後の体型の崩れをみても赤ちゃんを産んだから崩れたのではなくて妊娠をする前からの筋力の衰えや悪い癖が表面にでてきたためとおえます。よく産む前の身体に戻りたいと言うかたもいますが、産む前はそんなに素晴らしくきれいな体型だったの?と聞いてみたらきっとそうですとは即答できないでしょう。

ダイエットをしてやせればいいというわけではありません。きれいな身体をつくるためには筋力をつけることも大事なのです。逆にいうと筋肉を上手に使うコツがわかっていれば、体重は変わらなくても筋肉がついているため脂肪が減っていきますので特別なダイエットは必要ないといえます。

産後は産後ダイエットを試みようとして矯正下着や食品などの産後ダイエットのためのグッズを次から次へと試してしまうというかたもたくさんいるようです。インターネットをつかえば赤ちゃんを連れて買いに行かなくても通販で買えてしまいますよね。それに産後はお祝いなどをいただくため財布のひももゆるみがちになってしまいます。けれども素晴らしい効果があったという人はほとんどいないということが現実のようです。

ほかにも治療院にはまりそうになった人もいるようですね。その方たちは、産後で骨盤の状態があまりよくないようなので回数券を買うようにと言われてその金額が法外だったため「ハッ」と目が覚めたということなのです。産後に必要なことはダイエットではなくて「リハビリ」なのです。ゆるんでしまったお腹を引き締めるためには、筋力を取り戻していくことが大切です。

産後は、出産という大仕事によりエネルギーがなくなっているような状態なので脂肪を燃焼して痩せたいとおもっていても燃やすエネルギーが湧いてこない状態なのです。また、脂肪をとることよりも脂肪の位置や形を筋肉でコントロールしていったほうがメリハリのある体型をつくることができます。そのため穏やかな運動をおこない出産前後で衰えた筋力を取り戻すところから始めていったほうがよいでしょう。

フランスでは、産後のママは専門家のところへ通いながらリハビリを受けることが常識になっているそうです。しかもそのリハビリは公費でできるという話ですから宇山しいかぎりですよね。日本の場合、産後はみんな赤ちゃんのことばかり注目しており母親へののケアといえば1ヶ月健診くらいしかありませんよね。きちんとした情報もないためものを売るビジネスだけが発展してきたこともしょうがないのかもしれません。

日本人に適した産後プログラムがあれば、産後まもないお母さんもこれから、出産を迎えるお母さんも安心できるのではないでしょうか。マコさんという自宅出産をしたかたの教えている産後プログラムは、自分自身の産後が大変だった体験から発想したもので今では産後の身体に精通している彼女ですが、かつて産後の大変さを知らずに産んだというひとりのお母さんでした。

25歳で大学院生の時に妊娠が発覚して自宅で出産をしたのですが、国際結婚を予定していたパートナーは外国にいて家事や育児の手助けを手配する前に産後ライフに突入してしまい慢性的な体調不良と腰痛をかかえて、さらにはひどい肩こりに悩むはめになってしまいました。そして、精神的にも不安定になっていってしまいました。

そのときに、マコさんをサポートしてくれたのはスポーツトレーナーやヨガのインストラクターなどの運動関係の友人たちだったようです。今まで自分が勉強してきた体の知識や技術のことそして友人たちが授けてくれた実践的な知恵からマコさんは腰痛や肩こりなどのマイナートラブルなどは身体を動かすことによって治ることがわかりました。「私は救われたけれどもこのような友人が身近にいない他の人はひとりで苦しみ続けているに違いない」と感じたそうです。

ボール・エクササイズは産後には最適な運動みたいなので産後ダイエットを考えているかたはぜひチャレンジをしてみてはいかがでしょうか。産後エクササイズでリハビリに適した道具は選んだのは、バランスボールで骨折や脱臼をした選手のリハビリなどでも使用したりします。バランスボールに座りながら弾みながらエクササイズをするためある程度、大きくなった赤ちゃんを抱っこしながらでもエクササイズはできるのです。ボールエクササイズで身体をたっぷりと動かすことをメインとしてエクササイズをしてみてはいかがでしょうか。

産後ダイエットのバランスボール教室などでは、エクササイズがおわったあとなどにおしゃべりの時間などを設けています。あたりさわりのない「ママトーク」だけではなくて1人の女性として「素」で大人の話ができるような教室もありますよ。そして教室の最後に、美しい体型のつくり方や肩こりをケアするための方法、自律神経を整える呼吸法というように日々の子育て生活の中でできるセルフケアなども教えてくれるところもありますよ。

産後にバランスボール教室などにいけるといいですよね。産後はとても大変な時期なのですが、それをいかに乗り越えるかによって産んだ女性は20代、そして30代の人生が変わっていくのではないでしょうか。是非、すてきな産後ライフを世の中の女性におくっていって欲しいものです。赤ちゃんを産んで忙しい中でも女性らしさを忘れずに生きて生きたいものですよね。

産後ダイエットに関連した本は、インターネット上の本屋さんでも購入することができますし、書店でも買うことができますよね。書店だと購入することができない本などはインターネットを活用して探してみるとよいでしょう。産後に関連したダイエット本は数多くありますが、産後骨盤ダイエットなどもそのひとつです。お母さんと赤ちゃんの表紙が印象的ですね。

アマゾンなどを活用するとなか見!検索などもおこなえますよ。産後で太ってしまったからだをらくらくに解消できるという本です。山田光敏さん著で価格は1.365円で購入することができますよ。単行本のソフトカバーです。この本の内容ですが、産後の体形を妊娠する前に戻す「産後ダイエット」の特集が育児雑誌などでも多く見かけますが、産後ダイエットとして知られている多くの方法だとあまり効果がないという現状です。

仮に妊娠している時に10キロ太ったとしてもその体重のほとんどは半年もしないうちになくなってしまうためだからです。それでは産後に本当に必要なことはどういったものかというと、体をきちんと組みなおすということなのです。出産をする時には、産道を確保するために骨盤の前にある恥骨が分離してしまうためお尻にある仙骨という骨は後ろ側にせり出してしまいます。バラバラといっていいほどの状態になるということなのです。この体を組みなおさないと体調不良になってしまったりお腹が引き締まらなくなってしまったり

お尻が大きくなってしまうというような状態になってしまいます。本書は、出産してからいつから取り組んでも大丈夫なように産後の時期ごとのストレッチやマッサージプログラムをイラストでわかりやすく紹介しています。効率的で本質的な「産後ダイエット」をこの一冊から知ることができるのです。

佐賀県にあるつかはら施術院(http://tsukahara.esaga.jp/9はトータルボディケアをおこなう施術院で整体や気功、骨盤矯正、骨格矯正などをおこない疲れた体をほぐしてリセットしてくれます。つかはら施術院では筋肉をほぐして骨格の歪みをソフトな動体療法でバランスを整えていく施術方法をおこなっています。ぎっくり腰や坐骨神経痛、寝違えなどさまざまな症状を改善します。ほかにも頭痛や肩こり、五十肩、腰痛、膝痛、捻挫、肘痛、スポーツ障害などにも対応しています。

つかはら医院の受付時間は平日は午前9時から午後19時までです。土曜日・日曜日・祝日は午前9時から午後17時30分までです。定休日は第一、第三日曜日です。予約を優先していますので施術をうけたいかたはまず電話をして予約をとるようにしましょう。住所は〒840-0857 佐賀県佐賀市鍋島町八戸1145-1で駐車場は二台駐車することができます。

つかはら医院での施術の手順は、まずシートの記入からはじまります。現在、抱えている症状などを記入して施術用の洋服に着替えます。着替えはつかはら医院で用意していますので別途持参しなくても大丈夫です。それからカウンセリングをおこないカルテを作成します。そして検査をして骨盤矯正、筋肉のほぐし、骨格矯正、ストレッチ指導といった流れになります。料金はコースによって異なりますが、おすすめ整体コースなどは60分で5.000円です。回数券もありますので利用してみるのもよいとおもいますよ!!

女性の間で大評判の「インスパイリングダイエット」の発案者であるMicacoさんはメディアなどにも登場しているため目や耳にしたことがありますよね。トレーナーでもあるmikakoさんは、ジャガー横田さん竹内結子さんをはじめとした女優やタレントさん達にもボディーメイキングなどの指導をしています。micacoさんのインスパイリングエクササイズの人気の秘密ですが Mikako(ミカコ)さんは、「スタジオ イン スパイリング」の主宰者であり、そしてトレーナーでもあります。

インスパイリングダイエットはmicaco(みかこ)さんが、独自に人体についての研究を重ねていき自分自身で実践をして女性らしいボディラインを追求した結果として完成した骨盤や骨格矯正エクササイズのことです。このインスパイリングダイエットが評判を呼んでいる秘密はどういったものなのでしょうか?どこが他のエクササイズと比べて優れているのでしょうか?

まず、「インスパイリング」という言葉ですが、身体の中心部を刺激するという意味の「インスパイヤー」が語源となっています。表面的な筋肉を鍛えて外見を引き締めたりするエアロビクスや筋肉トレーニングとは違ってインスパイリングダイエットのエクスサイズは骨を支えている深部筋を鍛えていきます。その語源のとおり身体を中心部から引き締めていき自然に痩せやすい身体を作りあげていきます。いつもと同じような生活をしながら、インスパイリングエクササイズをおこない無理なくダイエットをするというわけです。

インスパイリングエクササイズは、血流やリンパの流れが良くなりますので新陳代謝をたかめたり老廃物排出効果も高まてくれます。女性特有の悩みでもある生理痛や生理不順、冷えやむくみもなども改善されます。さらに、インスパイリングダイエット法の場合は骨盤を矯正する効果もあるためウエストサイズダウンやヒップアップも期待できます。またO脚・X脚を治すこともできるそうです。ただ単にダイエットをするだけではなくて体全体の改善に効果を発揮してくれるという点は優れているとおもいます。

インスパイリングダイエットの場合は、自宅で手軽に始められのもいいところです。両手や両足が広げられる二畳くらいのスペースがあれば十分なので1回あたり時間も10分ていどで出来ますので、ぜひチャレンジしてみるとよいとおもいます。

インスパイリングダイエット法を試みてキレイな体と健康を維持してほしいと思います。インスパイリングエクスサイズであれば女性らしい柔らかさを残したボディラインに仕上がりますよ。ぜひインスパイリングダイエットを活用してあこがれのプロポーションを手に入れたいですよね。micacoさんのインスパイリングエクササイズの人気の秘密はこういった点からきているのだとおもいます。ダイエットだけでなく体全体によいというところに惹かれるかたが多いのだと思います。きっと「なるほど」と納得されて「やってみようかな?」と思われるかたもおおいのではないでしょうか。


妊婦のボディケアについて気になるというかたも多いですよね。産後にちゃんと体型は戻るでしょうか。 女性の体が大きく変化する妊娠・出産という経験は未経験のかたであれば余計にきになるのではないでしょうか。女性なら誰しもいつまでも美しくありたいと思うものですよね。それは体型もしかりです。

妊娠する前であれば思いっきり自分のために美を追求することができますが、妊娠するとみるみるお腹も大きくなってきますし体重もすごく増えますよね。産後の体型が本当に元にもどるのだろうかという素朴な疑問もあるとおみます。巷では小さく生んで大きく育てるのが安産でいいという話もあります。また妊娠中の体重は+8kg以下に抑えなければいけないという話も耳にすることもあります。

実際に経験しないうちから妊婦って大変なんだなと思ってしまうこともあるとおもいます。産後もすぐに体型を戻したほうがいいと思いこむ傾向にありますし、何かと我慢のイメージがありますよね。そのような情報を鵜呑みにするのはちょっと待ちましょう!

妊娠中の体重制限は1990年頃から世間で認識されてきました。病院や産院で体重制限が厳しくなったのはここ10年くらいの話です。その間に出産した方で、体重の増えやすい体質だった妊婦さんの場合はとにかく体重制限が大変だったというかたも少なくはないかもしれません。けれども悲しいことにその常識とも思われていた体重増加という事実はここ数年で大きく覆されてしまいました。


妊娠中の体重制限について最近では、認識がかわってきました。妊娠前や妊娠中の女性の食生活が胎児に及ぼす影響は大きくため妊娠中にダイエットをすると母体の栄養状態が悪くなりますので栄養不足のため低体重(出生体重2500g以下をいいます)で生まれてくることもあります。そのような場合は胎児のうちから病気を発症してしまい、将来的には高血圧や心臓病、糖尿病などの成人病を発症するリスクが高いそうです。

これは「成人病胎児期発症説」とよばれており、英国サウザンプトン大学医学部のデイヴィッド・パーカー教授が提唱している説なのですが最近では話題になっています。胎児期に栄養不足になってしまうと血糖値が下がりすぎてしまいますので胎児が一時的に飢えを経験してしまい血液中の栄養素が足りなくなってしまいます。そうすると少しの栄養を多くストックしておこうという体質が胎児のうちからできあがってしまうのです。

そのため小さく生んで大きく育てるということは肥満体質を作る事にもなりますので、むしろ危険な考え方とされているのです。また出生時体重が大きい程、生涯通して最も健康を保てることがわかっています。そういった点から最近では私たちアジア人は妊娠中の体重は8~12kg増えるのが平均ということが認識されつつあります。そもそも体重は増えない方がおかしいということなのです。臨月のころには赤ちゃんだけで3kgあります。羊水500cc、胎盤が600g、最終的には1.5kg増えるという血液+子宮筋で2kgくらいにはなります。胸も2カップくらいアップしますので両方で1kgくらい大きくなります。それからどうしても必要な皮下脂肪の貯蔵があります。そういった点をふまえると5~6kgしか増えないということの方が科学的に無理があります。

妊娠中は、あくまでも太るのではなくてスタミナストッカーとしての脂肪を蓄積していることになります。妊娠中はただ、お腹の中に赤ちゃんがいるのではなくて母体全身で育てるための自動育成装置みたいなのが働いている状態ともいえます。元々が肥満体質という方は+8kgくらいにおさえておいたほうがよいかもしれません。逆に痩せすぎの方は8~12kgくらいは増やそうという方向でいたほうがよいでしょう。オランダでは、今でも妊婦さんの2/3が自宅出産しているようですが、8kg未満しか体重が増えなかった場合にはハイリスク群にカウントされてしまうため自宅出産できないそうです。

妊婦はおおらかでいたいものです。妊婦の体重増加は太っているのではなくて赤ちゃんに良質の血液を送り、生まれてくるのに最良の大きさまで母体が無意識に栄養を与えて育てているということなのです。ゆったりとした気持ちで過ごせるようにエストロゲンという女性の代表的なホルモンが脂肪と卵巣から分泌されるそのです。子供がかわいいとおもったり、守りたいと思う気持ちや育てるという気持ちはその人の個性でそう思うのではなくて女性ホルモンが分泌されるからなのでs。

ある程度は、脂肪を貯蓄していないと、ゆったりとした気持ちにもなりにくいようです。守りたいとおもったり、包みたい、ゆるしたい、というようなほんわかとしていて柔らかい気持ちになるというのもエストロゲンの作用なのでしょう。妊娠中にある程度、脂肪を貯蓄することはスタミナをつけるということにもなります。そのため産後の育児に影響してきます。妊娠中に体重にすごく気をつけて産後すぐ元の体型に戻したほうがよいと思いこむ事は心のスタミナ不足になってしまいます。

産後に太ってしまいなかなか体重が戻ってない人が周りにいるとしたら恐らく母乳をあげていないのではないでしょうか。母乳をあげることによって絶対に体重は減っていきます。一回授乳するとかるくお茶碗一杯くらいはお腹がすいてしまいます。母乳をあげていると痩せる人もいるくらいなのです。母乳をあげるとどんどん痩せてしまいますので妊娠中に増やしておかないとガリガリになってしまいスタミナのないお母さんも意外といるそうです。

また、髪の毛も抜けやすくなったり、肌もかさかさになったりしてしまうこともあります。実は妊娠すると自然にホルモンが分泌されますのでだんだんと艶々になりますから35歳以上の妊婦さんにとっては嬉しいかもしれませんね。いずれにしろ見た目の美容のことだけ考えて無理をしてしまい身体にとって栄養がいきわたらないと身体に悪いので注意したほうがよいでしょう。

もし、食べ過ぎたなと思ったら、食事の量を減らすのではなくよく動くようにしましょう。妊婦さんがウォーキングするのはすごくすすめられていますよね。簡単にいうと出産にむけて骨盤ができてくるからなのです。妊娠14週から骨盤を柔らかくするリラキシンというホルモンがでてきますので歩けば歩く程、ちゃんとお腹を支えるためのお産に必要な骨格と筋肉ができてきますよ。働く妊婦さんの方で通勤はきちんとスニーカーを履いて、一駅か二駅くらいは歩くというかたはたくさんいるそうです。

産後ダイエットと通常のダイエットにはどのような違いがあるのでしょうか。産後ダイエットとは出産をしていない人には意味のないものなのかと思われるかもしれませんが実はそうではありません。産後ダイエットと呼ばれているものは産後でなくてもダイエットをしたい人にとって効果があるものなのです。産後に特に効果的だと言われているダイエット方法には骨盤を閉めるエクササイズがあります。出産によって開いてしまった骨盤を閉じるのが大切だと言われています。

このようにして聞くと出産をしていない人には効果が無いように思わうかもしれませんが、実は骨盤の開きや骨格の歪みということは出産にかかわらず日常的に発生しています。私たち人間は左右の筋肉を均等に使ってはいないのです。利き手や利き足というのもありますし立っているときなども気がづけばどちらかの足に片寄って体重をかけたりしていませんか?そういった日常の何気ない動作の繰り返しによって骨盤や骨格は自然と歪んでしまうのです。そのため骨盤や骨格矯正は出産経験に係らずダイエットに有効といえます。

骨盤や骨格の歪みを直すことによって血流が改善されていきますし基礎代謝がよくなります。するとダイエット効果はもちろんですが腰痛や冷え性、足のむくみなども改善されます。骨盤や骨格矯正はどのようにして行えば良いのでしょうか?産後ダイエットに効果的な骨盤や骨格を矯正するためのエクササイズでインスパイリングエクササイズというものがあります。女優の竹内結子さんなども実践しており産後ダイエットに成功した方法なのです。あなたもぜひ、参考にしてみてはいかがでしょうか。

銀座エミールでは、産後骨盤ダイエットも取り扱っています。妊娠の中期から臨月にかけては「リラキシン」と呼ばれるホルモンがお母さんの身体のなかでたくさん分泌されます。このホルモンは産道を確保するために恥骨結合や仙腸関節などを中心にして全身のじん帯を緩めていく作用があります。そして、おなかに赤ちゃんを長い間納めているためだんだんと「骨盤底筋群」に負担がかかってしまい自然分娩の場合は、さらにこの筋肉を大きく傷つけてしまいます。

臨月に向かって白線と呼ばれる場所が左右に広がっていきその部分が腹筋を弱めてしまいます。帝王切開の場合は筋肉を大きく切ることによって長い間かけて腹筋が弱い状態になってしまいます。これが産後の状態になるのです。これらを解消するのに必要なことはゆるんだじん帯を強化することや骨盤底筋群の改善、そして白線の改善や腹筋の改善などです。銀座エミールの産後骨盤ダイエットはこの3点の改善を考えて考えだされた方法です。

銀座エミールでは、赤ちゃん雑誌に連載を持っており、産後骨盤ダイエットの講座なども担当しています。また『産後骨盤ダイエット』の書籍を執筆した産後骨盤ダイエットの専門家が在籍しています。エミールの産後骨盤ダイエットは今までたくさん数の喜びの声をもらっており、腰回りが出産前よりも引き締まったというかたや背中の違和感が解消したというかた、ウエストが細くなったというかた、下半身が細くなったというかた、育児の疲れが出にくくなった、お腹のたるみが解消したというかたがたくさんいます。

産後ダイエットは3ヶ月が勝負だといわれております。それは出産によて開いてしまった骨盤が戻る期間が2ヶ月から3ヶ月かかるからです。けれども産後3ヶ月という時期は、まだまだ赤ちゃんも小さいのでお世話がとても大変な時期だとおもいます。そして母体にとってもとても大切で、つらい時期だとおもいます。産後3ヶ月で出来るダイエットをするということはとても戴せうになってきます。

産後ダイエットは、激しい運動ではなくても良いとおもいます。ダイエットを無理しておこない大切な時期に体を壊してしまっては元も子もないからです。色々なダイエット方法があるのでその中で自分が今おこなうことができる方法を選んで、実践していけばよいでしょう。骨盤矯正ダイエットなどは産後すぐにでも挑戦することが出来ます。産後ダイエットには骨盤が大きく関係してくることなので取り入れてみると良いとおもいます。

産後3ヶ月のダイエットをおこなうときはポイントなることは自分で出来ることを出来るだけ、そして無理をしないということです。産後ダイエット中の食事ですが産後の場合は出産で赤ちゃんに栄養を取られているお母さんも栄養不足気味になっているようです。特にカルシウムが不足しているので積極的にカルシウムをとるようにしたほうが良いでしょう。産後ダイエットでお勧めしたい食事は和食です。食事の回数は1日3回で規則的にとることが大切になってきます。

産後ダイエット中に摂取する食事の場合は、たんぱく質やビタミン、鉄分、カルシウムが必要となりますのでなるべく積極的に取り入れるようにしましょう。特に野菜は産後だけではなくてダイエット全般に効果がある食材などがあります。そういった食材をたくさんとるようにしましょう。また、産後ダイエットの食事で注意する点は食事の時間だといえます。夕飯を早めの時間にとるようにします。これは少なくても20時までには取ることです。

また夜は出来るだけ軽めの食事にするというように気をつけていれば産後ダイエットへと、つながる食事の重要なポイントといえるでしょう。産後ダイエットと母乳についてですが、産後ダイエットは母乳育児をしている人にとってはとてもつらいものだとおもいます。それは母乳をあげているととてもおなかがすいてしまいますのでダイエットをしたいのに食べずにはいられないからなのです。産後ダイエットを考えていて母乳育児の人はカロリー計算をしながら食べるといいようです。

食べない産後ダイエットはストレスになってしまいます。また母乳をあげていることがストレスになってしまってもよくはないとおもいます。カロリーを考えて食べることで間食もできるようになります。規則的に時間を決めて食べることが後々からでも産後ダイエットにも効果が出てきます。時間を決めてカロリーを考えることで母乳育児のお母さんにもダイエットすることが可能になるのです。赤ちゃんにとって母乳はとても大切なものなのでカロリーと時間を考えて上手に産後ダイエットを行いましょう。

産後ダイエットのおなか対策についてご紹介したいとおもいます。産後ダイエットを考えるときにどの部分が気になりますか?それは、ぶよぶよになってしまったおなかだとおもいます。これは、さすがに一気に元通りにするというわけにはいかないです。しかし、出産をした後につけるウエストニッパーやガードルは有効だとおもいますし、産後半年の間が、脂肪の流動期ということなので半年以上経ってからだとおなかのぶよぶよ対策への効果が薄くなってしまうみたいです。

そのため、産後のウエストニッパーやガードルは早めに着用したほうがよいとおもいます。また、妊娠・出産をしたあとは骨盤はすっかりと開いて(歪んで)しまっています。歪んだ骨盤のままにしているとおばさん体型にまっしぐらとなってしまいます。また開いてしまった骨盤を矯正しないままに産後ダイエットをしたとしてもきちんとした効果を得ることはできません。おなかのぶよぶよ対策と一緒に、緩んでしまった骨盤を締める矯正具は必須だとおもいます。

産後ダイエットで体型を矯正していくためには補正下着も効果あるようです。子供を連れての散歩や、家事をこなすだけでもかなりの運動量があるとおもいます。家事を満遍なくこなしていけば腹筋や腕の筋肉も自然に鍛えらていきます。きっとおなかのぶよぶよ対策になるとおもいます。けれども産後ダイエットを行う場合は無理をしないほうが良いでしょう。無理なダイエットで逆に身体を壊してしまっては大変です。焦らないでできることから少しずつ始めていきましょう。

産後ダイエットをするときに、身体の部分でどの場所を一番に気にするのかというと、お腹だとおもいます。その次に気になる部分は脚だとなります。妊娠してから出産をおえて体が太ってしまうと、お腹にも妊娠線が出てしまいますよね。この妊娠線はじつは簡単には消すことは出来ません。それと同じように脚にも線が出てしまいことがあります。産後のママたちはとても気になる部分だとおもいます。

セルライトがついている状態だと、太った方がいきなりしたダイエットで、出来てしまったようなあとが残ってしまうこともあります。産後ダイエットでは、まずお腹のぽっこりとした感じをどうにかしてしましょう。そうすることによって脚も自然と痩せるものです。自分の気になる部分のダイエットに成功してしまえば自信も付くとおもいます。だから頑張ってダイエットに挑戦してみましょう。

産後のダイエットでお腹を気にしている場合には、腹筋なども効果がありますのでやってみましょう。腹筋は無理をしない回数から始めていきましょう。そしてだんだんと回数を増やしていきましょう。産後ダイエットにサプリメントなども併用してもよいかもしれません。お腹の中の余分なものを出すことですっきりすることができる場合もあります。デドックス効果のあるものであれば産後で太ってしまった悩みなどの他にもお肌の調子も良くすることができます。ただ産後の場合は授乳のこともありますのでサプリメントは赤ちゃんに影響がでないのかきちんと確認してからとるようにしましょう。

出産をしてからきづけば太ってしまってダイエットがしたいという女性は多いとおもいます。そのような場合には、産後ダイエットというものがありますので安心してダイエットをすることが出来るとおもいます。産後にどうして太ってしまうのかということをきちんと理解して産後ダイエットすればしだいに体重が落ちることがあるとおもいます。

女性の場合には、妊娠してお腹の中で赤ちゃんを約10ヶ月のあいだ育てるわけなのですが、その間に骨盤が広がってしまいますので、そのことが太ってしまう原因になっているのです。妊娠中は、赤ちゃんが一番なんで骨盤の修正などは出来ないのですが、授乳も落ち着いた時期をみはからって骨盤を修正していってみてはいかがでしょうか。骨盤の中に入りこんだ内臓がぽっこりお腹の原因でもあります。

整体で治すことも可能なのですが、女性の場合には、骨盤のずれをすぐに治すことは出来ません。ある程度の修正をしてもらってからはしばらく整体にいってみたほうが良いでしょう。産後ダイエットは、骨盤の補正を自宅で行うことは出来ますので整体に必ず行かなければいけないというわけでもないのです。自分で行う運動を毎日こつこつでも続けることによって自然と痩せていくことも可能です。産後ダイエットがんばってみましょう。

産後ダイエットに成功したらとてもうれしいと思います。産後のダイエットに成功されている女優さんやタレント、歌手のかたもたくさんりうとおもいます。その中でも、女優の篠原涼子さんもその一人だとおもいます。芸能人の方たちだから、何か特別なことでもしているのだろうかと思っていました。でも色々と調べてみると高級なエステに通ったりしているわけではないみたいです。

出産する前の体型に戻しやすい身体つくりをすれば産後ダイエットは成功するということなのです。痩せやすい身体というのはどのような状態のことを指しているのかというと、骨盤が基の位置に戻っているのかどうか、また新陳代謝があがっているのか、ほかにもカロリーは高いものを食べていないのかどうか、これはとても自然なことだとおもいます。

産後ダイエットの成功は、そのような自然なことを大切にしていくことが大事なのです。出産してからの方が痩せている女優さんは、出産する前はもしかしたら骨盤がゆがんでいたのかもしれません。その骨盤を基に戻すことで痩せることが出来たというわけなのです。産後ダイエットが成功すれば、血行も良くなりますし、身体に良いことばかりだとおもいます。

ダイエットをしたいと感じているかたは思春期の時もそうかもしれませんが、産後のかたも多いですよね。妊娠によって10キロ以上、自分の体重が増えるわけですから、出産の心配ももちろんありますが産後はこのお腹がどうなってしまうのだろうと考えてしまう方も少なくはないとおもいます。出産をしたあとは、赤ちゃんの分と羊水の部分がなくなります。

そのためお腹は、妊娠していたころよりは、自然とへこみますが妊娠中に付いた脂肪がまだ残っている状態となってしまいます。また筋力が著しく低下してしまうのもお腹が出てしまう原因だとおもいます。その他にも出産によって骨盤がゆるんでしまうため下半身に余分なお肉がつきやすくなってしまうこともあります。ダイエットを産後に行うためには運動を取り入れることもよいとおもいますが急激に運動することはあまりおすすめできません。

産後は、赤ちゃんにたいして栄養を上げなくてはいけませんから授乳をしなければなりませんよね。授乳している間に、ダイエットをしていると赤ちゃんに栄養をあげることが出来なくなってしまうとおもいます。また育児はおもっている以上に大変なものです。きちんと食事をとっていないと身体がもたないと思います。粉ミルクがあるから、母乳は必要ないかというとそれは間違いで最近では母乳育児のほうがよいとされています。

産後のダイエット方法は、骨盤の補正をしたり下着の選び方などでも変わってきます。出産した後に身体にあった下着を着用するかどうかによってお腹がもとに戻るかどうかもかなり影響してくるとおもいます。下着だけで?と思う方もいるかもしれませんが、ガードルのような身体を締めてくれる下着は産後のダイエット方法にはぴったりのようです。

骨盤のずれについても、きちんとした下着さえをつけていると防ぐことが出来ます。産後ダイエットの方法は、インターネットなどでも色々な情報を得ることができます。しかし、まずは開いてしまった骨盤を出産する前に戻すことが大切なのです。女優さんなどをみてみてもわかるとおり、出産する前よりも痩せて綺麗になってまたお仕事に復帰することが多くなりました。

脚などもとてもスリムになっていて出産した後にどのようなダイエットをしたのだろうとみんなが興味を持ったと思います。女優の皆さんも、骨盤の補正はしているみたいです。エステなどにも通っているとおもいますが、産後の骨盤を治すことが優先にしておけば出産する前のような体型が取り戻せるのです。産後のダイエット方法は赤ちゃんのお世話を考えるとけっして過激なものはおすすめできません。

産後とダイエット体操についてご紹介したいと思います。産後のためのダイエット体操は実に色々とありますよね。
そして産後のダイエットでは、食事制限で行うダイエット方法をとることは避けたいものです。赤ちゃんのお世話がありますから、お母さんはしっかりと栄養をとって、健康的にダイエットすることが大切なことです。そして産後のダイエットには体操をあわせて行うことも必要となります。

産後のダイエット体操の方法としては、脚とサイドのボディラインを伸ばしてみたり、ヒップやウエストをほぐしてあげるといった方法もあります。産後ダイエット体操を行う前には、きちんとストレッチをすることを忘れないようにしましょう。産後のダイエット体操といっても、産後すぐに運動することは実際問題とても難しいですよね。産後の体調が元に戻るまでは無理をしない程度に行っていきましょう。

産後の場合ですぐは、ベットに横になった状態のまま足首を伸ばしたりするだけでも良いとおもいます。少しずつ、体調を戻していき全身のストレッチをしてみましょう。そして産後のダイエット体操へとつなげていくとよいでしょう。赤ちゃんが少し大きくなったら、赤ちゃんを抱っこした状態でスクワットをしてみたり、赤ちゃんをお腹に乗せて腹筋をすることもできます。

産後のダイエットをはじめるなら、ブログに書いてみるとよいかもしれませんね。産後のダイエットをブログに書いていけば、三日坊主にならないかもしれません。まt、気になる体型や体重の戻りなどを整理しながらダイエットをすることができます。産後ダイエットの内容ばかりでなくあかちゃんの発育状態やパパぶりなども触れていくと楽しい思い出になると思います。

赤ちゃんが成長して大きくなってお話がわかるようになったら、ママが書いた産後ダイエットに関するブログをみせてあげるととても嬉しいかもしれません。また、少しずつできるようになったことなどが書いてあれば振り返って思い出を家族で語り合うこともできると思います。産後ダイエットのブログは家族のコミュニケーションツールとしても活用できるのではないでしょうか。

最近では、ブログを簡単に本にすることができるサービスなどもあります。自分が書いた内容が本になるとおもったら継続してブログを書くことができるのではないでしょうか。そういったサービスを利用することもひとつの手段だと思います。またブログによってはダイエット日記のツールがすでに組み込まれているものもありますので、グラフ化してダイエットの状況などを把握することもできると思います。

赤ちゃんが産まれてきたら育児日記を書いてみようと考えているかたもいますよね。育児日記のように産後のダイエット日記もつけてみても良いと思います。可愛いダイアリー帳を用意してみて、毎日すこしずつ、書き綴っていくのも良いと思います。また、ブログに書いていくていくのもおすすめです。ブログには色々なテンプレートもありますので楽しみながら書いていくことができると思います。

最近では、ブログを本にすることもできるみたいなので、きちんと書き続けていくことができたら、記念に本にすることもできると思います。産後のダイエット日記は、いろいろな人がつけているとおもいます。インターネットのブログなどをみてみるとダイエットに成功した人のブログもありますし、なかなかダイエットが上手く行かない人もいます。

また、産後ダイエットの方法や、ダイエットに関して苦労していることなど、色々と参考になることがあると思います。もしかしたら、あなたも共感できることなどが紹介されているかもしれません。産後のダイエットを日記につけていくこと、大変なことかもしれません。細かく書いていくのは大変だとおもいますので、自分を励ましながら息抜き程度で書いて行けば続けていくことができると思います。

産後のダイエット体操は色々な方法があると思います。産後にダイエットをするときには、食事制限をおこなってするダイエットは避けたいものです。きちんと栄養をとりながら健康的にダイエットすることが大切なことです。そのため、産後のダイエットには体操をあわせて行うことが必要になると思います。産後のダイエット体操の種類としてはいったいどのようなものがあるのでしょうか。

たとえば脚とサイドのボディラインを伸ばしたり、ヒップやウエストをほぐしてあげることなどがあると思います。産後ダイエットのための体操を行う前には、きちんとストレッチをすることを忘れないようにしましょう。そして産後のダイエット体操といっても、産後すぐに運動することは難しいと思います。きちんと体調が元に戻るまでは無理をしない程度に行うようにしましょう。

産後すぐは、ベットに横になった状態で、足首を伸ばしたりすることだけでも良いと思います。少しずつ、体調を戻していき全身のストレッチ、そして産後のダイエット体操へとつなげていきましょう。赤ちゃんが少し大きくなったら、赤ちゃんを抱っこした状態でスクワットをしてみてもよいでしょう。また、赤ちゃんをお腹に乗せて腹筋することもできます。

産後のダイエットで気になる部分といばやはりお腹だとおもいます。産後のダイエットでは、たるんだりでてしまったおなかを引き締めることをまず第一に考えると思います。産後は腹筋の筋力もかなり低下しています。そのため腹筋運動などを試みるかたも少なくはないでしょう。しかし、まずは開いてしまった骨盤を矯正をするようにしたほうがよいと思います。

実は産後には、いわゆる「ダイエット」は必要ないと言われています。妊娠する前に比べると、臨月の頃には15キロも体重が増えていることもありますよね。そのような方も少なくはありません。しかし、増えてしまった体重は出産したあとに解消されます。そして、母乳をあげることで、体重は少しずつもとに戻っていきます。

下手をしたら、出産をする前よりもげっそりと痩せてしまうこともあります。そのため産後に食事制限でダイエットという手段はおすsめできません。しっかりと栄養のあるものを食べて、母乳の出をよくするようにして赤ちゃんに母乳をあげながら妊娠する前の健康な身体に、そして体力を取り戻していくとよいでしょう。出産と母乳によって、体重の増加は減少していきますので産後のダイエットには体重を気にする必要はあまりないといえると思います。

産後のダイエットでは、体重について、あまり気にする必要はないといえます。妊娠する前に比べてみると、臨月の頃には10キロも増えてしまいます。もしかしたら、中には15キロも増えてしまったというかたもいると思います。大抵の場合には体重は出産した後に元に戻るケースが多いようなので安心してもよいでしょう。

妊娠によって増えてしまった体重の半分は、出産によって解消されます。そして残りの半分は母乳によって解消されます。産後のダイエットで、体重を減らそうとして食事制限をおこなうというようなことをしないように気をつけたほうがよいでしょう。新生児時期の赤ちゃんのお世話は時間も不規則になりがちですが、栄養のあるものを頑張って食べたほうがよいでしょう。

しかし、産後のダイエットで体重は元に戻ると言う人が殆どなのですが、けっして安心することはできません。体重は元に戻ったとしても、筋力が落ちてしまいますし、お腹もぽっこりしてしまいます。また代謝が落ちてしまっているため太りやすい身体になってしまうことも事実です。食事制限によるダイエットで体重を無理に落とすことはやめておいたほうが良いですが、ストレッチなどの軽い運動から初めて、産後ダイエット運動を取り入れていくようにしたほうが良いでしょう。

産後太りのためダイエットに励むという人は多くいると思います。産後太りでダイエットを行う場合は、産後半年以内がチャンスだといわれています。産後半年以内であればあなたも頑張ってみますか?けれども、産後からもう半年たってしまったという方もいるかもしれませんね。産後太りのダイエットは産後半年以内が良いとされていますが、まだまだ大丈夫です。

自分のライフスタイルや身体にあったダイエット法を取り入れていくとよいでしょう。産後の場合は、赤ちゃんのお世話が中心とる生活になると思います。もちろん、家事もあ利増すのでお母さんはとても大変です。ほっといても、体重だけは妊娠する前に戻った!なんていう人もいるかもしれません。産後は、夜もぐっすり眠る事が出来ないばかりか、食事をする時間も不規則になってしまったりします。

これは、産まれたばかりの赤ちゃんを中心にした生活リズムになりますから仕方のないことなのですが、あまりにも続くとお母さんの身体もまいってしまうと思います。そのため、産後太りのダイエットでは、過激なダイエットではなく、無理なく出来る体操を取り入れてみたり、健康に良いお酢を飲むといったダイエットを取り入れてみてはいかがでしょうか?

産後ダイエットの成功例は、実に色々とあると思います。芸能人の方でも、篠原涼子さんや竹内結子さんなどの女優さんは、出産してママになってもますます綺麗になっていると思います。どのようなダイエットをしているのだろう?と、とても気になると思います。産後のダイエット成功例に多い点は、骨盤の歪みを矯正して日々の生活の中に運動を取り入れていくことのようです。

産後のダイエットをおこなう時には、妊娠する前に行っていたような過激なダイエットはNGです。特に赤ちゃんに母乳をあげている人の場合は、きちんとした栄養素をバランスよくとる必要がありますし、また水分もたっぷり取る必要があります。ビタミンやミネラル、鉄分というようにどれも欠かすことの出来ない栄養素なので食事制限をしないようにしましょう。

赤ちゃんのためにも、自分の体のためにも、無理のない健康的な方法をとって産後ダイエットを行わなければなりません。産後ダイエットの成功例としては、インターネットのブログなどにたくさんの人が書き綴っていますのでとても参考になると思います。産後ダイエットの成功例には色々な方法が紹介されています。自分にピッタリと合う方法を探してみると良いと思います。

産後引き締めダイエットについてご紹介したいと思います。産後の場合は「引き締め」によるダイエットをおこなうことが必須だといえます。妊娠することによって増えてしまった体重の半分は出産によって解消されます。そして、残りの半分は、出産後の育児や毎日の家事、また母乳によって自然に解消されることになります。こういった話が多いようです。

しかし、妊娠によって太りやすい体質になってしまっていたり運動不足によって基礎代謝が悪くなってしまっていることもあります。例えば食事が不規則になったり、睡眠時間が不十分になってしまうこともあります。慣れない育児でストレスがたまっていることもあります。赤ちゃんが卒乳する頃からどんどん太ってしまうという人は多くいます。

産後に引き締めダイエットを成功させておけば、妊娠する前のような体型に戻すこともできます。また、基礎代謝を整えることによって女性ホルモンの助けも手伝い妊娠する前よりも美しくなる事もできます。産後は引き締めダイエットに力を入れるようにしましょう。産後たるみやすいところといえばお腹周りと背中だと思います。なるべくウェストと背中に重点を置いた産後引き締めダイエットをしてみると良いと思います。

産後3ヶ月ダイエットについてご紹介したいと思います。だいたい産後3ヶ月くらいからダイエットを始めると良いとちまたでは聞きます。産後3ヶ月くらいになると、体も妊娠する前のように元に戻りつつあるといえます。早い人であれば生理が再開する人もいます。女性ホルモンや、代謝、そして生活リズムなどが整い始めます。

まt、整い始めるべき産後3ヶ月ころからダイエットを始めてみると良いでしょう。そうはいっても産後のダイエットには無理は禁物です。赤ちゃんに母乳をあげている人はとくに、きちんと栄養バランスのとれた食事を摂る必要があるといえます。食べる事を減らしていけば次第に体重が減っていきますが、育児や家事の両立は思いのほか体力を使います。

そして、慣れない育児に不満や不安が募ることもありますのでストレスを溜め込んでしまう人もいます。そのような産後のダイエットにオススメな方法は、ウォーキングです。歩くという事はストレスの解消にもなります。ウォーキングの前後にストレッチや筋トレを加えていけば更に効果的だといえます。赤ちゃんが小さくて外にでることすら難しい場合には、スクワットなどの運動をしてみるとよいでしょう。

産後ダイエットをする場合には、体型を気にしながら行う必要があると思います。妊娠してから増えた体重が、産後の半年くらいで元に戻るという人は多いと思います。しかし、体重がもどっても、なぜかお腹や背中には、余分なお肉がたっぷりとついたままなんて人もかなり多いのではないでしょうか?

また、下半身がむくみやすくなってしまいますので下半身太りに悩む人もいると思います。産後ダイエットでは体型を気にしながら、ただ単に体重を落とすだけではなくてダイエットに励んでみてはいかがでしょうか。産後のダイエットで妊娠する前の体型を取り戻すためには、「引き締め」を意識することが必要だとおもいます。

また、慣れない育児の不安をかかえていたり、行動の制限からストレスがたまってしまっている人は、そのストレスを解消できるようなダイエット法を探してみると良いかもしれません。出産前の母親教室などでは、産後のダイエットについてもお話を聞くチャンスがあると思います。ほかにも、育児雑誌などでも、産後ダイエットのための体操方法が紹介されていたりします。

産後ダイエットの本は、本屋さんにいってみたもたんさん出ていることがわかると思います。よく売れている本は、産後ママトータルダイエットです。この本は、価格もそれほど高い本ではありません。そして、この本でダイエットが出来することができるのであれば一冊はあってもいいかなと思えるものです。

産後ダイエットの本の内容にちては、エクササイズが多いため運動に関するものであれば、何冊も購入することはしなくても大丈夫だと思います。もし、運動に関する本を購入したら、今度は、栄養に関する本を購入しておくと良いでしょう。産後ダイエットでなくても、カロリーはとても参考になると思います。

そして本があればいつでも確認することが出来ます。料理を行う際には、ぱっと見れるくらい気軽なものだと良いでしょう。産後ダイエットで、本を見てみると骨盤の補正をすることができたり、赤ちゃんと一緒に出来る運動などがあります。赤ちゃんにも軽い運動を与えながら自分のダイエットにも繋がっていくことができれば一石二鳥だと思います。

産後ダイエット成功方法についてご紹介したいと思います。産後ダイエットの成功の方法についてふと考え見たのですが、一体どのようなものでしょうか。例えば運動をしたほうが良いのか、食事の調整をしていったほうが良いのか、それとも、エステに通ったほうが良いのかというように色々と迷ってしまうこともあると思います。

しかし、産後ダイエットの成功をしている人は、産後ダイエットの方法がある程度決まっているようです。それは、骨盤のゆがみを無くすといった方法を取っているのです。産後ダイエットの成功の方法の1つは、骨盤を治すということです。しかし、骨盤のゆがみというものは、数日で治せてしまうものではありません。

そのため、骨盤を意識したダイエットをすることから始めましょう。産後の場合は、骨盤が開いた状態になっていますのでガードルなどで固定をしていきします。これで、開いてしまった骨盤を少しは押さることができます。次に、食事のカロリーを見直しましょう。また、産後は母乳などもあげますので母乳がでやすくなる和食などのメニューに切り替えることをおすすめしたいと思います。

産後ママのトータルダイエットについてご紹介したいと思います。産後には、ママトータルダイエットという本がおすすめなので読んでみてはいかがでしょうか。この本は産後の身体にあったレシピや運動が書かれている本です。例えば運動が苦手だったり、どのような食事にしたらいいのかさっぱりわからない場合には、産後にぴったりのママトータルダイエットを参考にすると良いでしょう。

産後の時期は、赤ちゃんのことで時間が無いことがほとんどです。そのため、自分のことまで手が回らないというのが現実です。しかし、そのように生活におわれているとだんだんと痩せない自分にたいして不安も出てくるでしょう。産後、1ヶ月からの運動をママトータルダイエットでは教えてくれているので、育児の合間に簡単な運動を行うことが出来てしまいます。

赤ちゃんが寝たときなどは、ちょっとゆっくりしたいなと思うかもしれませんね。でも、ちょっとした運動で、ダイエットができるのであれば、挑戦しない手はないと思います。産後ママトータルダイエットがとても良かったという評価も多いそうです。きっとそれだけお母さんは時間もないし、レシピを考える時間をとることも大変だということなのだと思います。


産後腹ダイエットについてご紹介したいと思います。産後に気になってくる身体の部分が、お腹だと思います。ダイエットをして痩せることが出来るのだろうかと妊娠中はとても不安になると思います。元気な赤ちゃんを産むことが優先だとおもいますが、その次はやっぱりぽっこりとしたお腹になってしまわないかということが頭をよぎると思います。

産後のお腹のダイエットはマッサージ器具を使っても良いとおもいますが、自分の力で痩せたほうがリバウンドをしなくても済むようです。機械に頼るよりも、自分の出来ることから始めることが大切だと思います。産後には、どうしてもお腹がぽっこりとして出てしまうことが切実な悩みになるようです。

ダイエットをしなければと思ってもなかなかダイエットをするきっかけが見つからないままの状態になってしまうこともあります。だらだらと時間だけが過ぎてしまうとダイエット自体もとても大変なものになってしまいます。そのため産後という良い機会にお腹のダイエットをしてしまいましょう。産後のお腹のダイエットの初めのうちは、ガードルのような引き締め感のあるものを身に着けてましょう。

骨盤が開ききってしまった出産した後の身体の内臓は、骨盤の中に入り込むことでお腹がぽっこりしてしまいます。これも、慢性的なものではないので基の位置に戻すことが出来ますから身体の異常ともまた違います。自分の努力によっては、そのままの体型になってしまうか出産してから痩せることが出来るかに掛かってきます。

産後ガードルダイエットについてご紹介したいと思います。産後のガードルをきちんとしたものに見直すことによってダイエットをすることが出来るそうです。出産してから安易な下着選びをしているかたも中にはいるのではないでしょうか。出産後は妊婦さんの時よりはお腹もへこみます。もちろん赤ちゃんの面倒も見なくてはいけませんから下着を選んでいる時間も無いでしょう。

しかし、産後の大切な時期にガードルをきちんと着用することによってダイエットをすることも可能なのです。まず、ガードルのサイズは、自分に合ったものを選びましょう。そしてポイントなのはウエストよりも上の部分までガードルがあるものにしたほうがよいでしょう。初めのうちは苦しいかなと感じるかもしれませんがこの引き締めがダイエットに繋がるのです。

産後のダイエットのガードルは、引き締めを意識しておこないましょう。痩せてくれば、ガードルのサイズをだんだんと下げていきます。産後になりますので痩せやすい時期でもありますから、骨盤の広がりをガードルで固定することによってダイエットが出来てしまうということなのです。産後に綺麗に痩せられている女優さんたちはこのようなガードルを使っているのではないでしょうか。

産後ダイエットと運動についてご紹介します。産後のダイエットにたいして効果のある運動は、けっして激しい運動ではありません。腰を回すようなコアリズムなどのエクササイズも魅力的だといえますが、出産した後には向いていない動作でしょう。産後のダイエット運動に合うエクササイズはヨガなどです。まずはヨガから始めてみましょう。

また、産後ダイエットをするときには精神的にゆったりとした時間を過ごすということも大切です。毎日毎日が赤ちゃんのお世話になりますので、新米のお母さんであればかなり大変なことでしょう。そのため、ダイエットをしようとして疲れてしまうような運動をしていてはダイエットも長続きすることができなくなてしまいます。ヨガの場合は、自分の好きな時間に無理なく行うことが出来ますYぉね。

また、呼吸の仕方を変えただけでもヨガはじわじわと聞いてくるものです。気孔などもありますがヨガとはまた違いますので実感するまでには、時間が掛かります。産後のダイエットをするためのエクササイズの本なども出ていますし、インターネットなどであれば、無料動画などもヨガがみれますので初心者のかたはこのようなものを利用して始めてみるとよいでしょう。

産後ダイエットのDVDについてご紹介します。産後のダイエットのためのエクササイズなどが載っているDVDがあります。DVDであれば、時間を気にせずに自宅で簡単に見ることが出来ますよね。また好きなところで止めたり再生したりと自由にみれます。産後のダイエットのDVDには、ヨガを取り入れた体操を行っていることが多いそうです。

産後なので、ゆっくりとしたゆったりとした動きでリラックスすることも大切です。赤ちゃんが寝ている隣でも静かにエクササイズができますので運動には、ヨガがおすすめです。妊娠をする前までは、ヨガに興味の無かった人も、出産した後であれば、産後ダイエットを気にするようになってきますのでDVDであればお友だちから借りることも出来ますよね。

また、DVDを購入したとしてもそれほど高いものではありませんから、2人目の子供の出産後に役に立つのではないでしょうか。産後はどうしても自分よりも赤ちゃんが優先になりますので、自分の為の時間を確保するのが大変なことでしょう。しかし、1日の間のちょっとした時間にヨガであれば行うことができます。複式の呼吸方法を勉強するだけでもお腹のたるみを実感することができるでしょう。

芸能人の産後ダイエットについてご紹介します。芸能人の産後ダイエットなどの特集などをテレビでご覧になったことがあるかたはご存知だと思いますが、すごいの一言ですよね。これは、やはりプロ意識があるからなのでしょうか。しかも、出産する前よりも痩せているのはどうして?と思ってしまいます。

そして憧れてしまうのではないでしょうか。芸能人の産後ダイエットの方法としては骨盤ダイエットを取り入れていることが多いようです。妊娠とともにずれてしまった骨盤を基の位置に戻すだけなのですが、そのずれをそのままの状態にしていた場合には太ってしまうからです。これは見落としてしまう部分でもありますね。

芸能人は産後にダイエットをきちんと行う人もいます。キャベツダイエットや豆腐ダイエットをしていましたとブログなどをみると成功談などを参考にできますよね。産後にダイエットにかける時間としては短い期間ではなく長いスパンでダイエットの計画をたてているように感じます。無理なダイエットをしてしまうと逆に身体に負担をかけてしまいますので今後の芸能活動にも支障をきたしてしまうためきちんとサポートをつけたりしているのではないでしょうか。

竹内結子の産後ダイエットについてご紹介します。産後でとても綺麗になった女優さんがいます。色々な女優さんがいますが竹内結子さんもそのひとりです。きっと竹内結子さんは産後ダイエットをしっかりしたのでしょうね。お子さんを産んだとは思えないほど綺麗になって芸能界に復帰されましたね。

竹内結子さんの産後ダイエットは、やはり骨盤ダイエットだったようです。骨盤ダイエットであれば芸能人でなくても行うことが出来ます。芸能人だから綺麗というように考えなくてももっと身近に竹内結子さんのような産後ダイエットを目標にすることが出来るのではないでしょうか。産後ダイエットをしなくてはと意気込まないほうがよいでしょう。

女優さんでも出来たのだからというくらいの考えでダイエットに挑戦したほうが中途半端に諦めることも無いとおもいます。竹内結子さんを見ていると、産後ダイエットが成功するのであればもう一人くらい、子供を産んでも良いかなとも考えられますよね。出産をすることによって不安に思うことのひとつに体型が基に戻らないのではということがあります。

ジャガー横田さんの産後ダイエットについてご紹介します。ジャガー横田さんは産後ダイエットにインスパイリング・エクササイズをおこない骨盤矯正をしたそうです。妊娠中はもちろん太ってしまいますよね。それは仕方のない事です。産後ダイエットでスッキリと元通りになった。また妊娠する前より綺麗にダイエットできたら良いことですよね。

ジャガー横田さんと言えば、プロレスラーでありタレントさんです。不妊治療や高齢出産で頑張ってきたかたです。出産した後もすぐにテレビに出演していますし、プロレスも頑張っているようです。ジャガー横田さんの産後ダイエットは、竹内結子さんと同じく骨盤矯正をおこなったそうです。骨盤矯正といっても色々な方法があります。

しかしジャガー横田さんが産後ダイエットに選んだのはインスパイリング・エクササイズでした。妊娠、そして出産によって開いてしまった骨盤をしっかりと矯正して下半身太りを解消されました。そしてダイエットに成功したのです。産後は、骨盤が開いてしま歪んでしまいます。そのため、お腹がポッコリ出てしまいますし、足も太くなってしまい代謝も悪くて太りやすい体質になってしまいます。

産後ダイエットが気になるかたも少なくはないですよね。産後ダイエットは早えに始めるのが良いそうです。実は産後6ヶ月までが勝負だとよく言われています。しかし、現実をみてみると育児を手伝ってくれる人がいたり、実家に住んでいるわけでなければ、毎日、一人で育児や家事をこなさなければならないですよね。「育児と家事に忙しくて産後ダイエットどころじゃない!」と感じている方も多いのではないでしょうか。それでは、産後ダイエットは、いつどのような時にすればよいのでしょうか?本当に、心から、出産する前のスタイルに戻りたいと思うのであれば、赤ちゃんが寝ている間の時間を利用してみましょう。

生まれたばかりの赤ちゃんは、一日のほとんどの時間を寝ています。その時間を有効に使うとよいでしょう。産後ダイエットは、お腹周りについた脂肪を取ることが、まずはじめの段階です。出産した後のからだは、出産によって減ってしまった筋肉の代わりに、脂肪の割合が増えているのです。また、基礎代謝も低下してしまいますのでカロリーを消費しにくくなり、太りやすい体質になってしまっています。そういった時期に、甘いものを食べてしまったり、食事量を増やしたりすれば産後太りが進行してしまうので、注意が必要です。

低下してしまった基礎代謝を上げるために簡単な運動などを実践しましょう。そして脂肪を落として、その代わりに筋肉をつけるように心がけましょう。筋肉をつければ、基礎代謝がアップしますので産後太りも防ぐことができます。芸能人の中でも、産後、取り入れている人がいましたが、骨盤を矯正しリンパの流れを整えるといった「インスパイリングエクササイズ」は、比較的、簡単に取り入れられますし、効果も高い方法だといわれています。休日は、パパに赤ちゃんを任せてみるのも良いかもしれません。そして、気分転換にジムに出掛けて軽く運動してみるのもいいでしょう。運動もできますし、パパに育児の大変さをわかってもらう機会にもなりますよね。これは、ある意味一石二鳥かもしれません。

骨盤のゆがみ解消して、出産前のスタイルを取り戻しました!
妊娠・出産でゆがんでしまった骨盤を、骨盤ウォーカーベルトは、骨盤にベルトを巻いてゆがんだ骨盤をしっかり矯正します。骨盤を正常な位置に戻し、産後の気になる下半身太りを解消します。
産後ダイエット関連ニュース