スポンサード リンク

産後ダイエットを成功させるためには、適度な運動を取入れるのと同時に、食生活を工夫して生活することも大変重要です。しかし、食生活に関して、食べたいものを無理に我慢し続けることは、かえってストレスの原因になってしまいます。

いかにストレスを溜め込まず、効果的に必要な栄養分だけを摂取できるような食生活を送れるかが、産後ダイエットにとっては大きな課題といえます。そこで、産後ダイエットを成功に導くためのポイントを、いくつかまとめてみたいと思います。

産後ダイエットに理想的な食事は、低カロリーで高タンパクな食品を摂るよう心掛けることです。お勧めは、植物性タンパク質を多く含む大豆食品や、野菜類、キノコ類や海藻類などです。また、動物性タンパク質は、肉類よりも魚で摂るようにしましょう。

炭水化物は、朝食、昼食で摂り、夜は摂っても、なるべく量を少なめにします。油分を多く含む食品や、揚げ物などは、食べたくなったら極力夕食時は避け、朝食か昼食で摂るようにしましょう。

ま、たカルシウムや鉄分は、お母さんの体にとっても、また、母乳育児であれば、赤ちゃんの健康にとっても、大切な栄養素です。小魚、乳製品、プルーンやレバーといった食品は、摂りすぎには気をつけながら、上手に取入れるようにすると良いでしょう。

夜泣きがひどい赤ちゃんの場合、お母さんに負担がかかり、疲れやストレスが溜まりがちです。イライラ解消のために、つい甘いものや、スナック菓子に手が伸びてしまいがちですが、産後ダイエットに、このような食品はお勧めできません。どうしてもおやつが食べたくなったときには、小魚類、チーズ、プルーンなどを、少量、ゆっくりと時間をかけて食べるようにします。そして、遅い時間の間食は、避けるように心掛けましょう。

高塩分、高脂質な食事を避けることも重要です。そういった意味では、洋食よりも、和食中心の食事にした方が、産後ダイエットにとっても、また、健康にとっても、良いと言えます。

規則正しい食生活を送り、健康的に痩せることができることが理想です。

産後ダイエットの大切なポイントは、食事と適度な運動です。

とはいえ、例えば、妊娠前に、全然ダイエットの経験がないという方などは、どんなふうにすればいいのか、戸惑ってしまうかもしれません。そこで、産後ダイエット中の、食生活についてのポイントについて、まとめてみます。

まず、フルーツについてですが、フルーツは、ビタミンやミネラルが豊富なので、たくさん食べれば食べるほど、いいような気がするかもしれません。ところが、実は、フルーツに含まれる果糖は、思いのほか高カロリーなのです。ですから、食べるのであれば、朝かお昼、または3時のおやつとして、少量摂るというかたちにしましょう。

また、産後ダイエットでなく、普通のダイエットであっても、大敵なのが油物です。たまに、ものすごく食べたくなるときが、誰にでもあると思います。そんな時には、よりカロリーが少なくなるように、衣をつけず、素揚げのものを食べることと、夕食よりも、昼食時に食べるようにすることを心がけましょう。

加工食品も、脂質、糖質、塩分が高ものが多いので、極力避けたい食品です。佃煮や漬物も、できれば自家製のものを、少量に抑えて摂りたいところです。

産後の体調が安定してきたら、高カロリーな食品は避け、低カロリーで高タンパクな食品を中心にした食事メニューにします。また、一日三食を、規則正しく、きちんと摂ることも大切です。食生活が不規則だと、通常でもそうですが、産後ダイエットも成功しません。

お味噌汁を、できるだけ具沢山にして作れば、一品で多くの野菜を摂ることができます。また、おでんも低カロリーでおすすめのメニューです。ただし、はんぺんなど、魚肉の加工製品は、意外と高カロリーなので、注意してください。

おでんを作るときに、だしで煮ただけの大根やニンジンをとりわけておけば、離乳食としても活用できます。

いろいろと食事方法などを工夫して、手間なく産後ダイエットに取組んでみましょう。

産後ダイエットを行うには、正しい知識を学び、効率的に行うことが大切です。食事による栄養管理や、骨盤矯正のための体操、ウエストニッパーなどを使った、引締めによる体型補正など、さまざまな方法があります。

今は、ネットで検索すれば、多くの情報を得ることができます。本もたくさん出版されています。そんな中から、成功した事例など、信頼できそうなものを参考に、産後ダイエットを行ってみるのも良いでしょう。

また、母乳育児は、産後ダイエットにはとても効果があるといわれています。子宮が収縮することで、早く元の状態に戻る作用があるそうです。

でも、中には、母乳育児を続けているのに、少しも体重が減らず、変化がないというママも少なくないようです。母乳育児は、確かに、ダイエットには効果があるものです。しかし、だからといって、ただ単に母乳育児をすれば、誰もが必ずスリムになれるというものでもないようです。

母乳育児は、母乳を作るために、食事で体内に取り込んだ栄養を使います。それに、思ったよりも、ずっとカロリーを消費するものなのです。ご飯を食べても、赤ちゃんに母乳を飲ませると、すぐにお腹が空いてきます。

ここでお腹が空いたからといって、好きなものを食べ放題にしていれば、いくら母乳育児であっても、痩せるはずがありません。低カロリーで高タンパクな食事を心掛け、間食する場合は、お菓子をやめて、バナナや牛乳、プルーン等を、時間をかけて食べるようにするなど、努力してみましょう。

気付いた頃には、少し体の線がスッキリしてきていることに気づくはずです。必要な栄養を摂ることと、栄養を摂り過ぎることは別ということを、頭に置いておきましょう。

産後ダイエットには、多種多様な方法があります。適度な運動や、ストレッチも大切ですが、食事法を気をつけることも、とても大切なことです。

いろいろな食品を使ったダイエット法が紹介されていますが、その中で話題になったものに、納豆ダイエットがあります。納豆は、体にもいいので、産後ダイエット中でなくても、ぜひ積極的に取入れたい食品です。特に、授乳期の赤ちゃんを抱えるママは、良質の母乳を、赤ちゃんに飲ませてあげるためにも、大豆食品を食べるようにしてください。

話題になっていた納豆ダイエットですが、方法は次のようにします。

朝と晩、1パックずつの納豆を食べます。そして、それを2パック食べ、そのままかきまぜ、15分位そのままの状態で置いておきます。

納豆の中には、大豆イソフラボンという成分が含まれていて、血液中にこのイソフラボンがある状態を保つためには、朝晩の納豆が効果的だそうです。イソフラボンはDHEAを増やすためにとても大切な成分です。

体にも、母乳にも、赤ちゃんのためにも良い、納豆や大豆食品は、ぜひ、毎日の食卓に並べてほしい食品です。

また、正しい食生活と並行して、適度な運動も少しずつ始めましょう。産後の回復しきっていない時期なので、激しい運動は禁物ですが、無理なくできるストレッチのようなものであれば、産後ダイエットにはおすすめです。

また、体にラインを覚えさせるために、ウエストニッパーを使うと、さらに効果がアップします。産後ダイエットは、少しずつ実践し、継続していくことが重要です。美しくなった自分を思い浮かべながら、頑張りましょう。

産後ダイエットを成功させたい人には、断然、母乳育児がおすすめです。

授乳は、座って赤ちゃんに母乳をあげるだけで、体を動かしたりするわけではありません。でも、それだけで、どれだけのカロリーを消費するか、ご存知でしょうか。なんと、1日に600~800キロカロリーも消費するんだそうです。

でも、そうはいっても、どれだけのものか、ピンとこないかもしれません。スポーツで例えれば、プールで1時間、平泳ぎを続けた時のカロリーの消費量と同等ということです。母乳育児のすごさが分かると思います。産後ダイエットには必須と言えるでしょう。

赤ちゃんに母乳をあげている時期は、食事で摂った栄養の大部分が、母乳を作るために使われます。ですから、通常通りの食事であれば、太らないばかりか、摂取カロリーが少なくなるので、ダイエット効果があるというわけです。

ですが、この母乳育児で、逆に太ってしまうというケースもあります。母乳の生成と、赤ちゃんに母乳を与えることとで、どうしてもお腹が空きやすくなるため、ついつい食べ過ぎてしまうことで、胃が大きくなり、太ってしまう人もいるのです。

どうすれば、この危険を防ぐことができるのでしょうか?母体や赤ちゃんのことを考えれば、無理な食事制限、サプリ、健康補助食品といった産後ダイエットは、タブーです。低カロリーで、高タンパクの食事を心掛ける必要があります。また、良質な母乳のためには、カルシウムや鉄分を含んだ食品も摂るようにしましょう。

そして、お腹が空いた時には、牛乳をゆっくり飲んだり、バナナをゆっくり食べたりしてみましょう。時間をかけて食べることで、少量でも、満腹中枢信号が反応し、満腹感を得ることができます。

赤ちゃんに対して、最高の母乳育児をしながら、健康的に産後ダイエットも実践できれば、いうことなしです。

産後ダイエットを成功させるには、ミルクよりも、母乳育児の方が絶対的に有利です。母乳育児のママの中では、母乳で赤ちゃんを育てることで、早く体重が落ちたとか、体型が元に戻りやすかったという話は、よく耳にします。

例えば、妊娠、出産で、13キロも太ってしまった人がいたそうですが、その人は、母乳育児を実践することで、3ヶ月で15キロも体重が落ちたそうです。元に戻った上に、さらにもう2キロ痩せています。

母乳育児と、産後ダイエットとの関係は、どのような原理になっているのでしょうか。

赤ちゃんが母乳を飲むためにおっぱいを吸うと、プロラクチンというホルモンが分泌されます。
このプロラクチンが、母乳の出をよくし、また子宮の収縮を促す作用があるため、子宮の回復が早くなり、元の体に戻るのも早くなるという原理です。

母乳には、人工ミルクにはない、赤ちゃんに大切な免疫力をつけるための成分がたくさん詰まっています。栄養バランスも整った母乳は、赤ちゃんの健康のためにもなり、また同時に、ママの産後ダイエットのサポートもしてくれるのです。

メリットいっぱいの母乳育児を、ぜひ頑張って実践してください。

「でも母乳の出が悪いんです..」という方は、母乳の出がよくなる食事を心がけてみましょう。ママの体内で、母乳を作るために必要なのは、ビタミンやミネラルといった栄養分です。これらの栄養を、積極的に毎日の食事に取り入れるようにしましょう。

また、タンパク質は動物性のものよりも、植物性のもので摂るようにしましょう。具体的にいえば大豆食品などです。また、ゴマなどもいいようです。そういったものを、バランスよく食事に取入れ、少しでも多く、赤ちゃんに良い母乳をあげられるように、頑張ってみましょう。

骨盤のゆがみ解消して、出産前のスタイルを取り戻しました!
妊娠・出産でゆがんでしまった骨盤を、骨盤ウォーカーベルトは、骨盤にベルトを巻いてゆがんだ骨盤をしっかり矯正します。骨盤を正常な位置に戻し、産後の気になる下半身太りを解消します。
産後ダイエット関連ニュース