スポンサード リンク

妊娠、出産時の体重の変化は、それぞれ、大きく違いがありますが、人によっては10キロ近く増えてしまうような人もいるそうです。

産後も、ホルモンのバランスが崩れて、食欲が抑えられず、つい食べ過ぎてしまい、産後太りする人もいます。

そういった事態を防ぐためにも、産後は、体調と相談しながら、効率的に産後ダイエットを始めるようにしましょう。産後ダイエットは、出産後、6ヶ月くらいまでの間が、最も効果が出やすい時期とされています。この時期を逃さないように、計画的に進めていきましょう。

産後ダイエットは、主に、妊娠、出産によって、たるんでしまったお腹周りを中心に、引き締め、ウエストにくびれを作ることが目標です。

6ヶ月が無理でも、なんとか、出産後1年位の期間で、元のスタイルに戻ることを目標にしましょう。でも、産後の体に、無理は禁物です。体調を崩さないように、少しずつ、エクササイズなどを始めていくようにしましょう。

出産後は、出来るだけ早くベッドから離れて、体を動かすことがいいともいわれています。しかし、出産という大仕事を終えたばかりの体は、とても疲れた状態にあります。そして、貧血気味だったり、力がなかなか入らなかったりもします。

育児は待ったなしなので、子育てをしながら、あれもこれもとなると、身体も心も疲れて、無理が生じてきてしまいます。まずは、ある程度体調が回復するのを待ってから、軽いエクササイズなどから、産後ダイエットを始めるようにしましょう。

出産後に行う産褥体操は、出産で変化した子宮や、緩んで開きがちになった骨盤を、元に戻す効果のある運動です。お産の疲れをとったり、マタニティブルーの防止にもなるので、ぜひ取り入れてみてください。

また、骨盤筋低群を鍛えるためのエクササイズで、骨盤矯正するのも、産後ダイエットにはおすすめです。

産後ダイエットのためには、骨盤矯正が有効といわれています。その骨盤と、その周りの筋肉についてのお話です。

陸上で素晴らしい活躍をしている末続慎吾選手は、日本人が苦手としてきた陸上競技で、数々の輝かしい記録を打ち立てています。

バスケットボールで「神」といわれたマイケルジョーダン選手ですが、彼の試合で見せるパフォーマンスはまさに神業でした。

そして、大リーガーとしても確固たる地位を築いた、イチロー選手がいます。彼がグラウンドに登場すると、スタンドが沸きあがります。

こういったスポーツの世界で、トップを誇る活躍をする人たちが、同様に鍛えている筋肉があります。それは「腸腰筋」という筋肉です。

腸腰筋は、腸骨筋と大腰筋とで構成される筋肉で、それぞれ骨盤の上部と腰椎と胸椎の一部(背骨)から伸びて、大腿骨へつながっています。体幹の動きを司る、大変重要な筋肉です。

この腸腰筋は、スポーツの世界に携わる人に限らず、一般人にとっても、健康な体を維持するために、重要な働きをする筋肉であるといわれています。

その具体的な例としては、福祉施設で歩行ができないお年寄りに対して、以前は、太ももの筋肉を鍛えさせることをしていました。ですが、それだけでは、歩けたとしても、つまずいてしまうことが多かったそうです。ところが、鍛える箇所を、太ももから腸腰筋に変えてみたところ、つまずくことなく歩けるようになったそうです。

これは産後ダイエットにも通じるところがあります。また、この腸腰筋は、骨盤を支えている筋肉でもあるのです。妊娠、出産の際に緩んでしまった腸腰筋を鍛え、引締めることは、産後ダイエットに大変効果的であるということを、理解できます。

妊娠、出産によって、あまりにも体重が増えてしまうと、産後ダイエットで元の体重や体型に戻すのに、相当の努力が必要です。でも。ここで頑張らなければ、ずっとそのままの状態が続くことになります。。

きれいなママと自慢されるためにも、頑張って産後ダイエットを実践しましょう。

産後ダイエットに適した時期は、出産後、6ヶ月間くらいまでの間と言われているようです。この期間は、体に脂肪がついてしまっていても、流動的なため、体重を落としやすいのだそうです。

この産後ダイエットに最も効果がある、産後6ヶ月間の間に、ガードルやウエストニッパーを活用し、それと並行して、エクササイズなどもしてみましょう。頑張れば、ひょっとすると、妊娠前よりもスッキリとしたボディラインになれるかもしれません。

産後ダイエットの重要なポイントは、妊娠、出産において、広がってしまった骨盤を、引締めることです。食事制限やエクササイズをしてみたところで、骨盤を元の正常な状態に矯正することができなければ、産後ダイエットの効果は現れません。

産後、少しでも早い時期に、骨盤を矯正するには、産後の早い時期でも使用することが可能な、ガードル、ベルト、ウエストニッパーなどで、骨盤に締まった状態を覚えさせるようにすることが大事です。そして、中期、後期へと時期が過ぎるにつれて、徐々にシェイプ力の高いガードルやウエストニッパー等を使い、骨盤の引き締めと同時に、脂肪もおさえるようにするとさらに効果的です。

もし赤ちゃんを預かってくれる人がいるのであれば、整骨院で骨盤矯正を受けるのも良いでしょう。

Micacoさんの提唱する、脅威のエクササイズ、「インスパイリング・エクササイズ」が、ダイエット関係の話題では、何よりも一番の関心を集めているようです。

「インスパイリング・エクササイズ」が話題になり、人気を集めている理由は、単に、芸能人が産後ダイエットとして実践しているエクササイズだからというような、ミーハーなものではありません。

1日10分という、わずかな時間で実践できる、簡単なエクササイズで、驚くほどの効果を出してしまうすばらしさが、注目を集めている理由です。

「インスパイリング・エクササイズ」は、本も創刊されているようですが、これには解説DVDが付録として付いているそうです。動画を観ながらだと、さらに簡単に実践できそうです。

出産後の育児に追われるママでも、10分なら、産後ダイエットに挑戦できそうです。産後ダイエットだけでなく、通常のダイエットにも効果があり、また、体のゆがみを治す作用もあるそうなので、関心のある方は、試してみてはいかがでしょうか。

さらに、この「インスパイリング・エクササイズ」は、帝王切開で出産したママでも、安心して産後ダイエットとして行うことができる運動だそうです。体の深部の筋肉を刺激するエクササイズであれば、出産時の切開部に負担をかけることなく実践できるということのようです。

産後の、まだ完全に元の状態に戻りきっていない体には、ジョギングなどのような激しい運動よりも、「インスパイリング・エクササイズ」のようなエクササイズの方が、適しているといえるでしょう。

骨盤のゆがみ解消して、出産前のスタイルを取り戻しました!
妊娠・出産でゆがんでしまった骨盤を、骨盤ウォーカーベルトは、骨盤にベルトを巻いてゆがんだ骨盤をしっかり矯正します。骨盤を正常な位置に戻し、産後の気になる下半身太りを解消します。
産後ダイエット関連ニュース