スポンサード リンク

産後ダイエットは、妊娠中に増えてしまった体重や、ついてしまった脂肪との戦いと思う方が多いようです。それは、当らずとも遠からずかもしれません。では、産後ダイエットとは、具体的に、何と戦うダイエットなのでしょうか。

産後ダイエットは、「自分との戦い」です。産後ダイエットに限らず、通常のダイエットにしてもそうですが、ダイエットを成功させるためには、自分の中の強い欲求と戦う必要があります。

「あ、このお菓子前にCMで観て美味しそうだなと思ってたんだよね。本当に美味しいのかな?」

「あ、このお店のメニュー新しくなってる~。ここの新メニューっていつもハズレがないんだよね。」

いくつもの「あ、」をガマンしなければなりません。それができないと、産後ダイエットを成功させ、妊娠前の体型に戻ることはできないのです。

これを「ガマン」と思ってしまうとツラくなりストレスがたまります。ストレスを伴うダイエットは、リバウンドが起こりやすいダイエットでもあります。

意識を前向きに、方向転換させるようにしてみましょう。

お菓子の前で「あ、」が出たとき、このお菓子を食べて、痩せた自分へのゴールに足踏みするか、それともガマンして一歩近づくかと、自分に問いかけてみてください。

行きつけのレストランの前で「あ、」が出たとき、新メニューを美味しく食べて、ダイエット成功に一歩後退するか、それとも、ガマンして妊娠前のお気に入りのスカートに一歩近づくか?自分に問いかけてみて下さい。

そうすれば、同じ我慢でも、前向き志向な分、つらくなくなると思いませんか?それを続けることで、段々とストレスもたまることがなくなり、セーブできるようになってくるはずです。

産後ダイエットは、産後にするものと、誰もが思いがちです。でも、実は、妊娠中の生活をどう過ごすかが、産後ダイエットの、成功のカギを握っているのです。

妊娠中は、お腹にもう一人人間が入っているのですから、体重が増えるのは当然です。そして、お腹の赤ちゃんを守るために、体質的にも、脂肪がつきやすくなっています。

妊娠中は、よくお腹が空いて、思うままに好きなものを食べてしまいがちです。特に、つわりがおさまった後は、食べても気分が悪くならないのが嬉しくて、食べ過ぎてしまったりというのは、よくあることです。ですが、ここで出産後のことを、よく考えてみて下さい。

あれもこれも好きに食べ放題では、あっという間に、痩せにくい体を作ってしまいます。満腹感があって、カロリーが少ない食品を摂るなど、食事に工夫するだけでも、ずいぶん違うものです。産後に元の体型に戻りたいのであれば、妊娠中も、産後ダイエットのことを頭に置いて、食事に気をつけるなど、努力するようにしましょう。

そして、出産後は、筋肉の量が減り、筋力も低下しがちです。体調が悪くなければ、ウォーキングなど、体に無理のかからない、軽い運動をすると良いでしょう。

家にこもりっきりではなく、赤ちゃんを連れて、外にお散歩に出るだけでも違います。また、食事は、低カロリーで高タンパクなものを、バランスよく食べるように心がけましょう。

産後ダイエットは、出産後の6ヶ月間が勝負と、よく言われています。しかし、実際は、妊娠中から、どのように過ごすかで、その勝負も大きく結果が違ってくるということを知っておきましょう。

産後ダイエットを成功させるには、基礎代謝を高めることがまず重要です。基礎代謝とは、運動によって消費するエネルギーではなく、日常生活において消費されるエネルギー量のことをいいます。

消費されるエネルギーは、炭水化物や脂肪ですが、体内に筋肉がついていないと、うまく消費されません。良質のタンパク質を摂り、筋肉をつけることが、産後ダイエットには大切です。タンパク質は、肉類よりも、魚から摂った方が、脂肪が蓄積されにくいとされています。また、カルシウムも必要です。摂り過ぎない程度に、上手に毎日の食事に取入れましょう。

ビタミンや、カロチン、ミネラルは、ママの体を、細菌や病原体から守り、病気に対する抵抗力を高めてくれます。赤ちゃんの健康にもつながりますので、野菜からしっかり摂るようにしましょう。

野菜は、淡色野菜と緑黄色野菜とを、バランスよく摂るようにし、生野菜よりも、温野菜にした方が、たくさんの量を摂ることができます。キノコ類や海藻類も、ミネラルが豊富な上に、カロリーもが少ないので、おすすめの食品です。積極的に食事に取入れましょう。

そして、もうひとつ、産後ダイエットに欠かせないのが、食物繊維を含む食品です。出産後は、ホルモンバランスの崩れなどから、便秘や痔になりやすいと言われています。腸内環境を整え、便通を良くするために、食物繊維は大変重要です。ダイエットの大敵である便秘は、絶対に解消しましょう。

食物繊維を多く含む食品としては、こんにゃく、ゴボウ、昆布、寒天などが、おすすめです。特に寒天は、食物繊維がとても豊富です。甘さを抑えたおやつにしたり、お茶などに溶かしたり、また、ご飯に炊込むのも上手に食べる方法です。

水分補給は大切ですが、糖分を含むジュースは避け、お茶やミネラルウォーターにするのが効果的です。水分不足は便秘にもつながります。

芸能人の中には、子供を持ってからも、整ったプロポーションをキープしている人がたくさんいます。むしろ、出産後の方が、さらにきれいになっているという人もいるくらいです。

こういった素敵なママ達は、どんな方法で、産後ダイエットを成功させているのでしょうか。

産後ダイエットの成功者に話をきいてみると、産後ダイエットを、痩せるために行うという意識の人が、とても少ないという傾向があることが分かってきます。軽い運動や、栄養状態を考えたバランスの良い食事、骨盤の歪みの矯正などを、痩せるためではなく、健康な体になるためと考え、無理せず自然に行っているのです。

骨盤矯正のために行う骨盤体操は、産後ダイエットだけでなく、健康な体作りにも有益な方法です。体のゆがみを矯正することで、全身の各機能の循環が良くなり、代謝が上がります。代謝がよくなると、脂肪をためこみにくくなるので、結果的に無駄な脂肪が落ちて痩せることができます。

そして、産後ダイエットに成功した人たちに、もうひとつの共通点として挙げられることは、無理なく続けられるメニューを立てることにより、ストレスをためることなく、産後ダイエットを実践し、成功しているということです。

無理のある、キツい目標設定をしても、続かなければ全く意味がありません。たとえ一時的に体重が落ちたとしても、健康的な方法によるダイエットでなければ、リバウンドしてしまうことは、目にみえています。

痩せるということにとらわれ過ぎず、健康な体を目指すという気持ちで、過ごしてみましょう。

「奥さんは、子供ができると、奥さんから子供の母親に変わる」という言葉を、男性が口にするのをよく耳にします。

子供ができると、今まで「○○さん」と名前で呼ばれていたのが、「○○ちゃんのお母さん」に変わります。ここで、「私は何?」と感じる方は、結構多いようです。誰かの奥さんとか、お母さんではなくて、「私自身」がなくなってしまったような、空虚な気持ちになってしまうのです。この気持ちを解消するには、どうすれば良いのでしょうか。

まずは、きれでい続けようとする気持ちが、大切なのではないでしょうか。

出産して、ずっと家にいると、ついつい、楽だからといって、ウエストがゴムになっているパンツをはいてしまったりします。そして、久しぶりに、昔のパンツやスカートをはこうとして、愕然とすることが、よくあるのではないでしょうか。

出産後の体は、実は、痩せるのには、とても適している時期なのです。産後ダイエットに成功しておけば、それ以降、そのスタイルを維持するのは、比較的楽なものです。せっかくのチャンスともいえる時期を逃して、後になって、無理な食事制限や、続かないジョギングをすることは、もったいないことです。

正しい産後ダイエットの方法をしっかり頭に入れておき、ちょっと頑張れば、いつまでも美しくいられます。そうすれば、ご主人の見る目も変わってきます。

子供ができたら、自分がなくなるなんて考えは、子供にとっても可哀想です。子供ができてから、より一層自分に磨きをかけて、自慢のママといわれるように、がんばってみませんか。

産後ダイエットを成功させるコツは、たった3つです。

ひとつは、食事は量を減らすのではなく、食事の内容を変えるということです。脂肪燃焼作用のある食品を取り入れるとか、栄養バランスを考えた食事をするようにしましょう。

そして、ふたつめは、簡単なエクササイズを取り入れつことで、体の基礎代謝を上げることです。無理な運動は、長続きしません。それよりも、手軽に、長く続けられるものの方が、よほど効果的です。

最後は、出産でゆがんだ骨盤を、正常な位置に戻すことです。骨盤矯正のための、簡単なエクササイズがあります。本屋さんやネットで探してみれば、いろいろな骨盤矯正の方法が見つかるはずです。

頑張って、数ヶ月続ければ、きっと変化が現れてきます。産後ダイエットに成功すると、リバウンドしにくいといわれています。「今しかない!」という気持ちで、頑張ってみてください。

骨盤のゆがみ解消して、出産前のスタイルを取り戻しました!
妊娠・出産でゆがんでしまった骨盤を、骨盤ウォーカーベルトは、骨盤にベルトを巻いてゆがんだ骨盤をしっかり矯正します。骨盤を正常な位置に戻し、産後の気になる下半身太りを解消します。
産後ダイエット関連ニュース