スポンサード リンク

産後ダイエットは、早いうちから始めるのが良策で、産後6ヶ月までが勝負とよく聞きます。

しかし、実家住まいでもなく、手伝ってくれる人もいなければ、毎日、一人で育児も家事もこなさなければいけません。「忙しくて産後ダイエットどころじゃない!」と思う方も、多いかもしれません。では、産後ダイエットは、いつどんな時にすればよいのでしょうか?

本当に、心から、出産前のスタイルに戻りたいと思うのであれば、赤ちゃんが寝ている間の時間を利用しましょう。生まれたばかりの赤ちゃんは、一日の大半は寝ています。その時間を有効に使わない手はありません。

産後ダイエットは、お腹周りについた脂肪を取ることが、第一の目的です。出産後のからだは、出産によって減ってしまった筋肉の代わりに、脂肪の割合が増えています。また、基礎代謝も低下するので、カロリーを消費しにくく、太りやすい体質になってしまっています。そういった時期に、甘いものを食べたり、食事量を増やしたりすると、産後太りが進行してしまうので、注意が必要です。

低下してしまった基礎代謝を上げるためには、簡単な運動などを実践して、脂肪を落とし、代わりに筋肉をつけるように心がけることが大事です。筋肉をつければ、基礎代謝がアップし、産後太りも防げます。

芸能人の中でも、産後、取り入れている人がいましたが、骨盤を矯正して、リンパの流れを整える、インスパイリングエクササイズは、比較的、簡単に取り入れられ、効果も高い方法だと思います。

休日は、パパに赤ちゃんを任せて、気分転換にジムに出掛けて、軽く運動してみるのもいいでしょう。運動もできて、なおかつ、パパに育児の大変さをわかってもらう機会にもなるので、ある意味一石二鳥かもしれません。

産後ダイエットは、出産を終えた女性にとって、一番の大きな壁と言えるかもしれません。

中には、「本当に出産したの?」という感じの、とても羨ましい体形を維持している方もいらっしゃるようです。それはそれとして、とにかく、どのようにして産後ダイエットを成功させるかは、多くの女性にとって、重要なテーマといえます。

お腹周りのたるみが、やはり一番気になります。赤ちゃんがお腹にいたときに、あんなに大きく張っていたのですから、出産後、少々たるみが出てしまうのは、当然のこととも言えます。

出産は、女性にとって人生最大の大仕事です。むしろ、その勲章くらいの気持ちで、大きくかまえましょう。

お金と時間に余裕があれば、脂肪吸引などの、美容整形を受けるのもひとつの方法でしょうが、産後ダイエットで、そこまでは難しいのが現実です。それに、「早く元に戻さなきゃ」と焦る気持ちは、無理なダイエットにつながり、体調を崩す原因になります。

場合によっては、逆に、ますます太りやすい体質を作りあげてしまうこともあるのです。

それによって、ストレスがたまれば、いい子育てもできなくなってしまいます。また、家庭生活にも、いい影響を与えるわけがありません。

ですから、効果的な産後ダイエットをするためには、単純に、カロリーだけをカットするような食事法ではなく、バランスを考えた食事メニューを考えることが必要です。授乳中であれば、なおのこと、毎日の食事の栄養バランスは、とても大切です。サプリや健康補助食品に頼るダイエットは、授乳中は避けるようにしましょう。

それ以外には、補正下着をつけて、軽いストレッチをするだけでも、効果があります。くれぐれも無理はせず、少しずつ、長く続けることで効果が出るような産後ダイエットが、自分の体のためにも、赤ちゃんのためにも、良い方法なのです。

産後ダイエットと一口にいっても、方法はいろいろあります。そして、その人に合ったダイエット法でないと、効果は期待できません。

産後に起こる「産後太り」は、とても嫌な響きですが、なぜこれは起こるのでしょうか。

出産時に大きく開いた骨盤は、産後自然に元に戻ろうとします。ですが、同時に、内臓の座りが不安定にもなることから、バランスを取ろうとして、脂肪を溜め込もうともします。

この余計なお世話が、産後太りの原因となるのです。それ以外にも、産後に食欲が増して、欲求のままに食べ過ぎてしまうことから起こるというパターンもあります。

骨盤に脂肪がついてしまった場合の産後太りの解消であれば、骨盤矯正をすることで効果があります。しかし、食べすぎでカロリー過多になった産後太りの場合、骨盤矯正よりも、運動したり、カロリー制限することの方が先決です。個々の産後太りの原因を考えて、それに応じた産後ダイエットを実践することが重要です。

出産後、少しでも早く元の体型に戻るためには、授乳は、粉ミルクよりも、母乳で育てた方がいいといわれています。なぜなら、子宮が収縮して、ダイエット効果があるそうです。

実際に、母乳育児を実践するお母さんの、約半数が母乳育児によるダイエット効果を実感しているというデータもあるそうです。

でも、それだけでは、産後ダイエットとして充分な効果を得られるわけでもないようです。約6割の女性が、産後に、なんらかのダイエットを実践している、または、したいと考えているということがデータにより明らかになっています。

そして、産後ダイエットに取組み始める時期は、出産直後という方が約3割とのことです。前述のような、骨盤矯正が、産後ダイエットとして効果的な場合は、早いうちから始める方が、矯正もしやすいようです。産後直後とまではいかなくても、産後、半年以内には始める方が効果が出やすいといわれています。

それ以上経過してしまうと、産後太りの状態を体が覚えてしまい、痩せにくい体質ができあがってしまうので、そうなってから焦るより、できるだけ早く、始めたいものです。

産後ダイエットに成功しやすい、ウエイトダウンをしやすい時期は、出産後、6ヶ月位までの間というのが一般的な認識です。ですが、各人により、通常分娩であったりまたは帝王切開であったりと、出産の時の状況に違いがあるので、一概には言えません。

産後ダイエットを成功させるには、それぞれの状態に合わせて目標を立て、食事や運動を工夫して、無理なく進めることが大切です。

例えば、寝る前や、赤ちゃんのおやすみタイムを有効に使いましょう。さんざんぐずった赤ちゃんが、やっと寝てくれるとホッとして、さぁお茶しながら一服となりがちですが、テレビを見ながらでもできるストレッチはあります。

そのような軽いストレッチも、しばらく頑張って続けていれば、そのうち習慣になり、面倒だという気持ちもなくなってくるものです。とにかく、「絶対妊娠前のスタイルに戻る!」という強い気持ちを持つことが、産後ダイエットの成功の秘訣です。

自宅で一人でするダイエットは自信がないというような方は、アフタービクスに通ってみるのも一つの手かもしれません。赤ちゃんも一緒に連れて行けるようなところもあるようです。中には、産婦人科でアフタービクス教室を開くところもあるそうです。

同じ年頃の赤ちゃんを持ったお母さん同士、友達になったり、情報交換ができたりという、産後ダイエットとは別の楽しみもあるかもしれません。

産後ダイエットとして行うアフタービクスは、肛門を引締めて、骨盤底筋群を鍛えたり、主に下半身を動かすことを中心としたエアロビなどを主に行なう内容のものが多いようです。

出産後に、自分の体を見て、一番気になるところはどこでしょうか。おそらく、大多数の人が、「お腹まわり」と、答えるのではないでしょうか。

お腹の赤ちゃんが大きくなり、もうすぐ生まれるという頃には、お腹周りも、だいぐ大きくなっています。そして、出産後は、パンパンの状態だったお腹は、ちょっと皮がたるんだような感じになります。まだ少し、お腹がポッコリ出ていたりするかもしれません。

若いママで、初めての出産を体験した方は、なおのこと気になるでしょう。

産後ダイエットで、少しでも元に戻したいものです。お腹周りのお肉に効果的な産後ダイエットでは、どんなことをすれば良いのでしょうか。

まず、お腹周りについてしまったお肉を、引締める効果があるような、ストレッチや体操をしてみましょう。今流行っているようなものでは、ヨガもいいかもしれません。

体操とか運動とかいうと、大げさに聞こえ、面倒に感じてしまう方は、適度に外に出て、散歩をするだけでもいいのではないでしょうか。とにかく何もせず、家でゴロ寝をしながら、おせんべいをポリポリ食べてワイドショーを観ていれば、お腹のお肉は消えてくれません。消えないどころか、ますます育っていくだけです。

元の体型に戻りたいと、切実に思うのであれば、出産後1ヶ月経ったくらいの時期から、軽めの体操などを始めましょう。お腹周りのお肉を減らすためにも、また、運動不足で、なまってしまった体を元気にするためにも、大変効果的です。

初めからキツい運動に、頑張って励まなくても、軽めのものから始めて、徐々に負荷のかかるものにしていけば、つらさも感じないでしょう。とにかく軽いものでも、毎日、こつこつ続けることが、産後ダイエットにも、健康のためにも、重要です。

顔が大きく見える原因は、アゴと頬の筋肉の衰えによって、本来の顔の輪郭が崩れるためだという説が有力です。顔が大きくなる原因には、あごの筋肉の衰えと、リンパの停滞が原因とされています。

これらが衰えている人が、増加している現代は、人と人とのコミュニケーションが減少したため、頬の筋肉である表情筋を使わなくなり、そのことが原因で、表情筋が衰えたことや、やわらかい食べ物などを好み、食べ過ぎたことによって、アゴの二種類の筋肉、顎二腹筋と、顎舌骨筋の衰えによるものが原因と言われています。

これらの顔の筋肉が衰えることで、アゴは垂れてきます。さらにリンパの流れが悪くなり、リンパ液が停滞して、アゴに溜まってむくんでしまいます。

頬は、表情筋が衰えることで、頬の脂肪が垂れ下がってしまいます。これらを、改善する方法には、これらの筋肉を鍛えてあげることと、リンパの流れを促進することの、2つの方法が必要です。

家庭で簡単にできる、スッキリとした小顔を実現するエクササイズ法で、顔やせを成功させて下さい。簡単に、手ごろにできるペットボトルを使った、エクササイズで、リンパの流れを解消し、頬とアゴをスッキリさせる効果が期待できます。

まず用意するのは、丸みを帯びた空のペットボトルです。このペットボトルを使い、鎖骨の下側に沿って、やさしくマッサージしていきます。次に、首筋を上から下へと、左右それぞれ一回づつ押し出し、下アゴから、頬、耳へと左右それぞれ1回づつ押し出していきます。

これを一日3回3セット、ゆっくりと行うと、効果が期待でき、顔痩せを実現できます。

産後ダイエットだけに限ったことではありませんが、ダイエットをするにあたり、気にしなければいけないこととして、新陳代謝の向上があります。

若い頃は、新陳代謝も活発なので、何も気になることはありませんが、徐々に年齢を重ねることで、新陳代謝は、確実に、少しずつ衰えていくものです。

具体例を挙げてみれば、思い当たることがあるのではないかと思います。どこかで足や腕をぶつけて、青あざができたら、なかなかそれが治らなかったり、うつぶせで寝ていて、枕のあとが頬についたら、なかなかその線が消えなかったりなど、こういったことは、全て新陳代謝の衰えからきていることなのです。

ダイエットの原理からいえば、毎日の新陳代謝で消費するカロリー(基礎代謝)よりも、食事などで摂取するカロリーの方が少なければ、痩せることができるということです。

産後ダイエットを成功させるには、食事で摂るカロリー以上に、消費するカロリー量を増加させればいいということです。

言葉で表現すると、簡単そうに聞こえますが、実践するとなると、なかなか大変です。

産後というものは、年齢のこととは別に、安静な生活を長く続けていたせいで、急に新陳代謝が衰えたりすることがあるようです。この衰えた新陳代謝を上昇させ、活発な状態に戻すためには、体操やマッサージで、体のさまざまな部位に、刺激を与えることで、効果があるようです。

とはいえ、産後ダイエットなので、新陳代謝を上げるのと同時に、骨盤の矯正を行うことも忘れないようにしてください。産後は、骨盤が開いたままの状態になって、変形してしまっています。歪んだ骨盤を矯正をしないと、せっかくの努力も、あまり功を奏さなくなってしまいかねません。

骨盤のゆがみ解消して、出産前のスタイルを取り戻しました!
妊娠・出産でゆがんでしまった骨盤を、骨盤ウォーカーベルトは、骨盤にベルトを巻いてゆがんだ骨盤をしっかり矯正します。骨盤を正常な位置に戻し、産後の気になる下半身太りを解消します。
産後ダイエット関連ニュース