スポンサード リンク
産後ダイエット体験談

「奥さんは、子供ができると、奥さんから子供の母親に変わる」という言葉を、男性が口にするのをよく耳にします。

子供ができると、今まで「○○さん」と名前で呼ばれていたのが、「○○ちゃんのお母さん」に変わります。ここで、「私は何?」と感じる方は、結構多いようです。誰かの奥さんとか、お母さんではなくて、「私自身」がなくなってしまったような、空虚な気持ちになってしまうのです。この気持ちを解消するには、どうすれば良いのでしょうか。

まずは、きれでい続けようとする気持ちが、大切なのではないでしょうか。

出産して、ずっと家にいると、ついつい、楽だからといって、ウエストがゴムになっているパンツをはいてしまったりします。そして、久しぶりに、昔のパンツやスカートをはこうとして、愕然とすることが、よくあるのではないでしょうか。

出産後の体は、実は、痩せるのには、とても適している時期なのです。産後ダイエットに成功しておけば、それ以降、そのスタイルを維持するのは、比較的楽なものです。せっかくのチャンスともいえる時期を逃して、後になって、無理な食事制限や、続かないジョギングをすることは、もったいないことです。

正しい産後ダイエットの方法をしっかり頭に入れておき、ちょっと頑張れば、いつまでも美しくいられます。そうすれば、ご主人の見る目も変わってきます。

子供ができたら、自分がなくなるなんて考えは、子供にとっても可哀想です。子供ができてから、より一層自分に磨きをかけて、自慢のママといわれるように、がんばってみませんか。

産後ダイエットを成功させるコツは、たった3つです。

ひとつは、食事は量を減らすのではなく、食事の内容を変えるということです。脂肪燃焼作用のある食品を取り入れるとか、栄養バランスを考えた食事をするようにしましょう。

そして、ふたつめは、簡単なエクササイズを取り入れつことで、体の基礎代謝を上げることです。無理な運動は、長続きしません。それよりも、手軽に、長く続けられるものの方が、よほど効果的です。

最後は、出産でゆがんだ骨盤を、正常な位置に戻すことです。骨盤矯正のための、簡単なエクササイズがあります。本屋さんやネットで探してみれば、いろいろな骨盤矯正の方法が見つかるはずです。

頑張って、数ヶ月続ければ、きっと変化が現れてきます。産後ダイエットに成功すると、リバウンドしにくいといわれています。「今しかない!」という気持ちで、頑張ってみてください。

骨盤のゆがみ解消して、出産前のスタイルを取り戻しました!
妊娠・出産でゆがんでしまった骨盤を、骨盤ウォーカーベルトは、骨盤にベルトを巻いてゆがんだ骨盤をしっかり矯正します。骨盤を正常な位置に戻し、産後の気になる下半身太りを解消します。
産後ダイエットの方法&成功の秘訣 新着情報

産後ダイエットが気になるかたも少なくはないですよね。産後ダイエットは早えに始めるのが良いそうです。実は産後6ヶ月までが勝負だとよく言われています。しかし、現実をみてみると育児を手伝ってくれる人がいたり、実家に住んでいるわけでなければ、毎日、一人で育児や家事をこなさなければならないですよね。「育児と家事に忙しくて産後ダイエットどころじゃない!」と感じている方も多いのではないでしょうか。それでは、産後ダイエットは、いつどのような時にすればよいのでしょうか?本当に、心から、出産する前のスタイルに戻りたいと思うのであれば、赤ちゃんが寝ている間の時間を利用してみましょう。

生まれたばかりの赤ちゃんは、一日のほとんどの時間を寝ています。その時間を有効に使うとよいでしょう。産後ダイエットは、お腹周りについた脂肪を取ることが、まずはじめの段階です。出産した後のからだは、出産によって減ってしまった筋肉の代わりに、脂肪の割合が増えているのです。また、基礎代謝も低下してしまいますのでカロリーを消費しにくくなり、太りやすい体質になってしまっています。そういった時期に、甘いものを食べてしまったり、食事量を増やしたりすれば産後太りが進行してしまうので、注意が必要です。

低下してしまった基礎代謝を上げるために簡単な運動などを実践しましょう。そして脂肪を落として、その代わりに筋肉をつけるように心がけましょう。筋肉をつければ、基礎代謝がアップしますので産後太りも防ぐことができます。芸能人の中でも、産後、取り入れている人がいましたが、骨盤を矯正しリンパの流れを整えるといった「インスパイリングエクササイズ」は、比較的、簡単に取り入れられますし、効果も高い方法だといわれています。休日は、パパに赤ちゃんを任せてみるのも良いかもしれません。そして、気分転換にジムに出掛けて軽く運動してみるのもいいでしょう。運動もできますし、パパに育児の大変さをわかってもらう機会にもなりますよね。これは、ある意味一石二鳥かもしれません。

産後ダイエット関連ニュース