スポンサード リンク
産後ダイエットの成功方法

産後ダイエットを行う人は成功例、失敗例ともに食事の量を減らしたダイエット方法が一番多いようです。その食事の量の減らし方によって成功するか失敗するかどちらかに別れるようです。

やはり極端な食事量の減量は一時的に体重が減ったとしても結果的にリバウンドしてしまい失敗してしまう方が多いようです。身体に無理のない程度で食事制限と適度な運動を心がけるのが成功の鍵ではないでしょうか。

産後ダイエットを行うにあたって習慣として生活に取り入れることができます。例えば「こどもの食べ残しはたべない」、 「赤ちゃんのためにとにかく掃除して身体を動かす」、「毎日散歩」、「家事をおんぶして行う」、 「食事は野菜中心でライスの代わりに豆腐を主食にする」、「ストレッチを空いた時間に行う」、「子供を抱いたままスクワット」

といったようにダイエット勝ち組ママたちの成功の秘訣は日々の生活のなかでたくさんカラダを動かすことやダイエットしているという意識を持たないことが重要になってくるようです。

◆産後ダイエットのエクササイズ

産後に適度な体操をすることは、疲労回復のためにも効果的です。ハードな運動ではなく手軽に続けられるエクササイズをやってみてはいかがでしょうか。

・スロートレーニング
横になった状態で、手首・足首などを少し力を入れて緊張させながらゆっくり動かしていきます。上下4秒ずつゆっくり動かしていきそれぞれ10回くらい行います。

運動に慣れてきたら、首の上下運動や、おなかを持ち上げる運動、ひざの曲げ伸ばしといった大きな動作のエクササイズに変えていきます。

家事が出来るぐらいまで体力が回復したら、腹筋や、立った状態でひざの曲げ伸ばしをしたり、ひざをついての腕立て伏せなどの少しハードなエクササイズを取り入れると良いでしょう。

・アイソメトリックトレーニング(静的運動)

手のひらと手のひらを押し合ったり、逆に両手で引っ張りあったりするあまり身体を動かさないエクササイズです。時間は10秒~15秒通常の呼吸を保ったまま最大の力で押し合ったり引っ張り合ったりします。このエクササイズにはタオルを使うのも良いでしょう。スロートレーニングと組み合わせてやってみると良いでしょう。

骨盤のゆがみ解消して、出産前のスタイルを取り戻しました!
妊娠・出産でゆがんでしまった骨盤を、骨盤ウォーカーベルトは、骨盤にベルトを巻いてゆがんだ骨盤をしっかり矯正します。骨盤を正常な位置に戻し、産後の気になる下半身太りを解消します。
産後ダイエット新着情報&ニュース 一覧
産後ダイエットの方法&成功の秘訣 新着情報

産後ダイエットが気になるかたも少なくはないですよね。産後ダイエットは早えに始めるのが良いそうです。実は産後6ヶ月までが勝負だとよく言われています。しかし、現実をみてみると育児を手伝ってくれる人がいたり、実家に住んでいるわけでなければ、毎日、一人で育児や家事をこなさなければならないですよね。「育児と家事に忙しくて産後ダイエットどころじゃない!」と感じている方も多いのではないでしょうか。それでは、産後ダイエットは、いつどのような時にすればよいのでしょうか?本当に、心から、出産する前のスタイルに戻りたいと思うのであれば、赤ちゃんが寝ている間の時間を利用してみましょう。

生まれたばかりの赤ちゃんは、一日のほとんどの時間を寝ています。その時間を有効に使うとよいでしょう。産後ダイエットは、お腹周りについた脂肪を取ることが、まずはじめの段階です。出産した後のからだは、出産によって減ってしまった筋肉の代わりに、脂肪の割合が増えているのです。また、基礎代謝も低下してしまいますのでカロリーを消費しにくくなり、太りやすい体質になってしまっています。そういった時期に、甘いものを食べてしまったり、食事量を増やしたりすれば産後太りが進行してしまうので、注意が必要です。

低下してしまった基礎代謝を上げるために簡単な運動などを実践しましょう。そして脂肪を落として、その代わりに筋肉をつけるように心がけましょう。筋肉をつければ、基礎代謝がアップしますので産後太りも防ぐことができます。芸能人の中でも、産後、取り入れている人がいましたが、骨盤を矯正しリンパの流れを整えるといった「インスパイリングエクササイズ」は、比較的、簡単に取り入れられますし、効果も高い方法だといわれています。休日は、パパに赤ちゃんを任せてみるのも良いかもしれません。そして、気分転換にジムに出掛けて軽く運動してみるのもいいでしょう。運動もできますし、パパに育児の大変さをわかってもらう機会にもなりますよね。これは、ある意味一石二鳥かもしれません。

産後ダイエット関連ニュース