スポンサード リンク
産後ダイエットについて

フランスでは、産後のママは専門家のところへ通いながらリハビリを受けることが常識になっているそうです。しかもそのリハビリは公費でできるという話ですから宇山しいかぎりですよね。日本の場合、産後はみんな赤ちゃんのことばかり注目しており母親へののケアといえば1ヶ月健診くらいしかありませんよね。きちんとした情報もないためものを売るビジネスだけが発展してきたこともしょうがないのかもしれません。

日本人に適した産後プログラムがあれば、産後まもないお母さんもこれから、出産を迎えるお母さんも安心できるのではないでしょうか。マコさんという自宅出産をしたかたの教えている産後プログラムは、自分自身の産後が大変だった体験から発想したもので今では産後の身体に精通している彼女ですが、かつて産後の大変さを知らずに産んだというひとりのお母さんでした。

25歳で大学院生の時に妊娠が発覚して自宅で出産をしたのですが、国際結婚を予定していたパートナーは外国にいて家事や育児の手助けを手配する前に産後ライフに突入してしまい慢性的な体調不良と腰痛をかかえて、さらにはひどい肩こりに悩むはめになってしまいました。そして、精神的にも不安定になっていってしまいました。

そのときに、マコさんをサポートしてくれたのはスポーツトレーナーやヨガのインストラクターなどの運動関係の友人たちだったようです。今まで自分が勉強してきた体の知識や技術のことそして友人たちが授けてくれた実践的な知恵からマコさんは腰痛や肩こりなどのマイナートラブルなどは身体を動かすことによって治ることがわかりました。「私は救われたけれどもこのような友人が身近にいない他の人はひとりで苦しみ続けているに違いない」と感じたそうです。

骨盤のゆがみ解消して、出産前のスタイルを取り戻しました!
妊娠・出産でゆがんでしまった骨盤を、骨盤ウォーカーベルトは、骨盤にベルトを巻いてゆがんだ骨盤をしっかり矯正します。骨盤を正常な位置に戻し、産後の気になる下半身太りを解消します。
産後ダイエット新着情報&ニュース 一覧
産後ダイエットの方法&成功の秘訣 新着情報

産後ダイエットが気になるかたも少なくはないですよね。産後ダイエットは早えに始めるのが良いそうです。実は産後6ヶ月までが勝負だとよく言われています。しかし、現実をみてみると育児を手伝ってくれる人がいたり、実家に住んでいるわけでなければ、毎日、一人で育児や家事をこなさなければならないですよね。「育児と家事に忙しくて産後ダイエットどころじゃない!」と感じている方も多いのではないでしょうか。それでは、産後ダイエットは、いつどのような時にすればよいのでしょうか?本当に、心から、出産する前のスタイルに戻りたいと思うのであれば、赤ちゃんが寝ている間の時間を利用してみましょう。

生まれたばかりの赤ちゃんは、一日のほとんどの時間を寝ています。その時間を有効に使うとよいでしょう。産後ダイエットは、お腹周りについた脂肪を取ることが、まずはじめの段階です。出産した後のからだは、出産によって減ってしまった筋肉の代わりに、脂肪の割合が増えているのです。また、基礎代謝も低下してしまいますのでカロリーを消費しにくくなり、太りやすい体質になってしまっています。そういった時期に、甘いものを食べてしまったり、食事量を増やしたりすれば産後太りが進行してしまうので、注意が必要です。

低下してしまった基礎代謝を上げるために簡単な運動などを実践しましょう。そして脂肪を落として、その代わりに筋肉をつけるように心がけましょう。筋肉をつければ、基礎代謝がアップしますので産後太りも防ぐことができます。芸能人の中でも、産後、取り入れている人がいましたが、骨盤を矯正しリンパの流れを整えるといった「インスパイリングエクササイズ」は、比較的、簡単に取り入れられますし、効果も高い方法だといわれています。休日は、パパに赤ちゃんを任せてみるのも良いかもしれません。そして、気分転換にジムに出掛けて軽く運動してみるのもいいでしょう。運動もできますし、パパに育児の大変さをわかってもらう機会にもなりますよね。これは、ある意味一石二鳥かもしれません。

産後ダイエット関連ニュース