スポンサード リンク
産後ダイエットと食品

産後ダイエットの大切なポイントは、食事と適度な運動です。

とはいえ、例えば、妊娠前に、全然ダイエットの経験がないという方などは、どんなふうにすればいいのか、戸惑ってしまうかもしれません。そこで、産後ダイエット中の、食生活についてのポイントについて、まとめてみます。

まず、フルーツについてですが、フルーツは、ビタミンやミネラルが豊富なので、たくさん食べれば食べるほど、いいような気がするかもしれません。ところが、実は、フルーツに含まれる果糖は、思いのほか高カロリーなのです。ですから、食べるのであれば、朝かお昼、または3時のおやつとして、少量摂るというかたちにしましょう。

また、産後ダイエットでなく、普通のダイエットであっても、大敵なのが油物です。たまに、ものすごく食べたくなるときが、誰にでもあると思います。そんな時には、よりカロリーが少なくなるように、衣をつけず、素揚げのものを食べることと、夕食よりも、昼食時に食べるようにすることを心がけましょう。

加工食品も、脂質、糖質、塩分が高ものが多いので、極力避けたい食品です。佃煮や漬物も、できれば自家製のものを、少量に抑えて摂りたいところです。

産後の体調が安定してきたら、高カロリーな食品は避け、低カロリーで高タンパクな食品を中心にした食事メニューにします。また、一日三食を、規則正しく、きちんと摂ることも大切です。食生活が不規則だと、通常でもそうですが、産後ダイエットも成功しません。

お味噌汁を、できるだけ具沢山にして作れば、一品で多くの野菜を摂ることができます。また、おでんも低カロリーでおすすめのメニューです。ただし、はんぺんなど、魚肉の加工製品は、意外と高カロリーなので、注意してください。

おでんを作るときに、だしで煮ただけの大根やニンジンをとりわけておけば、離乳食としても活用できます。

いろいろと食事方法などを工夫して、手間なく産後ダイエットに取組んでみましょう。

骨盤のゆがみ解消して、出産前のスタイルを取り戻しました!
妊娠・出産でゆがんでしまった骨盤を、骨盤ウォーカーベルトは、骨盤にベルトを巻いてゆがんだ骨盤をしっかり矯正します。骨盤を正常な位置に戻し、産後の気になる下半身太りを解消します。
産後ダイエットの方法&成功の秘訣 新着情報

産後ダイエットが気になるかたも少なくはないですよね。産後ダイエットは早えに始めるのが良いそうです。実は産後6ヶ月までが勝負だとよく言われています。しかし、現実をみてみると育児を手伝ってくれる人がいたり、実家に住んでいるわけでなければ、毎日、一人で育児や家事をこなさなければならないですよね。「育児と家事に忙しくて産後ダイエットどころじゃない!」と感じている方も多いのではないでしょうか。それでは、産後ダイエットは、いつどのような時にすればよいのでしょうか?本当に、心から、出産する前のスタイルに戻りたいと思うのであれば、赤ちゃんが寝ている間の時間を利用してみましょう。

生まれたばかりの赤ちゃんは、一日のほとんどの時間を寝ています。その時間を有効に使うとよいでしょう。産後ダイエットは、お腹周りについた脂肪を取ることが、まずはじめの段階です。出産した後のからだは、出産によって減ってしまった筋肉の代わりに、脂肪の割合が増えているのです。また、基礎代謝も低下してしまいますのでカロリーを消費しにくくなり、太りやすい体質になってしまっています。そういった時期に、甘いものを食べてしまったり、食事量を増やしたりすれば産後太りが進行してしまうので、注意が必要です。

低下してしまった基礎代謝を上げるために簡単な運動などを実践しましょう。そして脂肪を落として、その代わりに筋肉をつけるように心がけましょう。筋肉をつければ、基礎代謝がアップしますので産後太りも防ぐことができます。芸能人の中でも、産後、取り入れている人がいましたが、骨盤を矯正しリンパの流れを整えるといった「インスパイリングエクササイズ」は、比較的、簡単に取り入れられますし、効果も高い方法だといわれています。休日は、パパに赤ちゃんを任せてみるのも良いかもしれません。そして、気分転換にジムに出掛けて軽く運動してみるのもいいでしょう。運動もできますし、パパに育児の大変さをわかってもらう機会にもなりますよね。これは、ある意味一石二鳥かもしれません。

産後ダイエット関連ニュース