スポンサード リンク
妊婦はおおらかなもの

妊娠中は、あくまでも太るのではなくてスタミナストッカーとしての脂肪を蓄積していることになります。妊娠中はただ、お腹の中に赤ちゃんがいるのではなくて母体全身で育てるための自動育成装置みたいなのが働いている状態ともいえます。元々が肥満体質という方は+8kgくらいにおさえておいたほうがよいかもしれません。逆に痩せすぎの方は8~12kgくらいは増やそうという方向でいたほうがよいでしょう。オランダでは、今でも妊婦さんの2/3が自宅出産しているようですが、8kg未満しか体重が増えなかった場合にはハイリスク群にカウントされてしまうため自宅出産できないそうです。

妊婦はおおらかでいたいものです。妊婦の体重増加は太っているのではなくて赤ちゃんに良質の血液を送り、生まれてくるのに最良の大きさまで母体が無意識に栄養を与えて育てているということなのです。ゆったりとした気持ちで過ごせるようにエストロゲンという女性の代表的なホルモンが脂肪と卵巣から分泌されるそのです。子供がかわいいとおもったり、守りたいと思う気持ちや育てるという気持ちはその人の個性でそう思うのではなくて女性ホルモンが分泌されるからなのでs。

ある程度は、脂肪を貯蓄していないと、ゆったりとした気持ちにもなりにくいようです。守りたいとおもったり、包みたい、ゆるしたい、というようなほんわかとしていて柔らかい気持ちになるというのもエストロゲンの作用なのでしょう。妊娠中にある程度、脂肪を貯蓄することはスタミナをつけるということにもなります。そのため産後の育児に影響してきます。妊娠中に体重にすごく気をつけて産後すぐ元の体型に戻したほうがよいと思いこむ事は心のスタミナ不足になってしまいます。

骨盤のゆがみ解消して、出産前のスタイルを取り戻しました!
妊娠・出産でゆがんでしまった骨盤を、骨盤ウォーカーベルトは、骨盤にベルトを巻いてゆがんだ骨盤をしっかり矯正します。骨盤を正常な位置に戻し、産後の気になる下半身太りを解消します。
産後ダイエット新着情報&ニュース 一覧
産後ダイエットの方法&成功の秘訣 新着情報

産後ダイエットが気になるかたも少なくはないですよね。産後ダイエットは早えに始めるのが良いそうです。実は産後6ヶ月までが勝負だとよく言われています。しかし、現実をみてみると育児を手伝ってくれる人がいたり、実家に住んでいるわけでなければ、毎日、一人で育児や家事をこなさなければならないですよね。「育児と家事に忙しくて産後ダイエットどころじゃない!」と感じている方も多いのではないでしょうか。それでは、産後ダイエットは、いつどのような時にすればよいのでしょうか?本当に、心から、出産する前のスタイルに戻りたいと思うのであれば、赤ちゃんが寝ている間の時間を利用してみましょう。

生まれたばかりの赤ちゃんは、一日のほとんどの時間を寝ています。その時間を有効に使うとよいでしょう。産後ダイエットは、お腹周りについた脂肪を取ることが、まずはじめの段階です。出産した後のからだは、出産によって減ってしまった筋肉の代わりに、脂肪の割合が増えているのです。また、基礎代謝も低下してしまいますのでカロリーを消費しにくくなり、太りやすい体質になってしまっています。そういった時期に、甘いものを食べてしまったり、食事量を増やしたりすれば産後太りが進行してしまうので、注意が必要です。

低下してしまった基礎代謝を上げるために簡単な運動などを実践しましょう。そして脂肪を落として、その代わりに筋肉をつけるように心がけましょう。筋肉をつければ、基礎代謝がアップしますので産後太りも防ぐことができます。芸能人の中でも、産後、取り入れている人がいましたが、骨盤を矯正しリンパの流れを整えるといった「インスパイリングエクササイズ」は、比較的、簡単に取り入れられますし、効果も高い方法だといわれています。休日は、パパに赤ちゃんを任せてみるのも良いかもしれません。そして、気分転換にジムに出掛けて軽く運動してみるのもいいでしょう。運動もできますし、パパに育児の大変さをわかってもらう機会にもなりますよね。これは、ある意味一石二鳥かもしれません。

産後ダイエット関連ニュース