スポンサード リンク
妊娠中の体重制限について

妊娠中の体重制限について最近では、認識がかわってきました。妊娠前や妊娠中の女性の食生活が胎児に及ぼす影響は大きくため妊娠中にダイエットをすると母体の栄養状態が悪くなりますので栄養不足のため低体重(出生体重2500g以下をいいます)で生まれてくることもあります。そのような場合は胎児のうちから病気を発症してしまい、将来的には高血圧や心臓病、糖尿病などの成人病を発症するリスクが高いそうです。

これは「成人病胎児期発症説」とよばれており、英国サウザンプトン大学医学部のデイヴィッド・パーカー教授が提唱している説なのですが最近では話題になっています。胎児期に栄養不足になってしまうと血糖値が下がりすぎてしまいますので胎児が一時的に飢えを経験してしまい血液中の栄養素が足りなくなってしまいます。そうすると少しの栄養を多くストックしておこうという体質が胎児のうちからできあがってしまうのです。

そのため小さく生んで大きく育てるということは肥満体質を作る事にもなりますので、むしろ危険な考え方とされているのです。また出生時体重が大きい程、生涯通して最も健康を保てることがわかっています。そういった点から最近では私たちアジア人は妊娠中の体重は8~12kg増えるのが平均ということが認識されつつあります。そもそも体重は増えない方がおかしいということなのです。臨月のころには赤ちゃんだけで3kgあります。羊水500cc、胎盤が600g、最終的には1.5kg増えるという血液+子宮筋で2kgくらいにはなります。胸も2カップくらいアップしますので両方で1kgくらい大きくなります。それからどうしても必要な皮下脂肪の貯蔵があります。そういった点をふまえると5~6kgしか増えないということの方が科学的に無理があります。

骨盤のゆがみ解消して、出産前のスタイルを取り戻しました!
妊娠・出産でゆがんでしまった骨盤を、骨盤ウォーカーベルトは、骨盤にベルトを巻いてゆがんだ骨盤をしっかり矯正します。骨盤を正常な位置に戻し、産後の気になる下半身太りを解消します。
産後ダイエット新着情報&ニュース 一覧
産後ダイエットの方法&成功の秘訣 新着情報

産後ダイエットが気になるかたも少なくはないですよね。産後ダイエットは早えに始めるのが良いそうです。実は産後6ヶ月までが勝負だとよく言われています。しかし、現実をみてみると育児を手伝ってくれる人がいたり、実家に住んでいるわけでなければ、毎日、一人で育児や家事をこなさなければならないですよね。「育児と家事に忙しくて産後ダイエットどころじゃない!」と感じている方も多いのではないでしょうか。それでは、産後ダイエットは、いつどのような時にすればよいのでしょうか?本当に、心から、出産する前のスタイルに戻りたいと思うのであれば、赤ちゃんが寝ている間の時間を利用してみましょう。

生まれたばかりの赤ちゃんは、一日のほとんどの時間を寝ています。その時間を有効に使うとよいでしょう。産後ダイエットは、お腹周りについた脂肪を取ることが、まずはじめの段階です。出産した後のからだは、出産によって減ってしまった筋肉の代わりに、脂肪の割合が増えているのです。また、基礎代謝も低下してしまいますのでカロリーを消費しにくくなり、太りやすい体質になってしまっています。そういった時期に、甘いものを食べてしまったり、食事量を増やしたりすれば産後太りが進行してしまうので、注意が必要です。

低下してしまった基礎代謝を上げるために簡単な運動などを実践しましょう。そして脂肪を落として、その代わりに筋肉をつけるように心がけましょう。筋肉をつければ、基礎代謝がアップしますので産後太りも防ぐことができます。芸能人の中でも、産後、取り入れている人がいましたが、骨盤を矯正しリンパの流れを整えるといった「インスパイリングエクササイズ」は、比較的、簡単に取り入れられますし、効果も高い方法だといわれています。休日は、パパに赤ちゃんを任せてみるのも良いかもしれません。そして、気分転換にジムに出掛けて軽く運動してみるのもいいでしょう。運動もできますし、パパに育児の大変さをわかってもらう機会にもなりますよね。これは、ある意味一石二鳥かもしれません。

産後ダイエット関連ニュース