スポンサード リンク
インスパイリング・エクササイズのやり方

以前、テレビで、女子プロレスラーのジャガー横田さんが、産後ダイエットに挑む、挑戦記の番組を観ました。

妊娠前のジャガー横田さんのベスト体重は59キロだったそうですが、出産後の体重は64.3キロに増えたそうです。ウエストは、72.5センチから80センチにまで、育ってしまったそうです。本人が、一番気になるというお腹を見ると、やっぱりポコッと出ていました。

ジャガー横田さんは、出産後、3ヶ月でリングへ復帰することが決まっており、リングに再び上がるために、産後ダイエットに挑戦するという企画でした。

ジャガー横田さんの産後ダイエットをサポートするのは、「インスパイリング・エクササイズ」でおなじみになった、Micacoさんでした。「インスパイリング・エクササイズ」の効果の素晴らしさは、最近では、竹内結子さんが実証済です。

Micacoさんは、自分自身も2人の子を持ち、自らのボディラインも復活させているそうです。女優から一般の妊婦さんまで、産後ダイエットを成功させ、美しい体を取り戻す、カリスマ的なボディデザイナーとして、注目されています。

ボディチェックの結果、ジャガー横田さんの骨盤は、産前よりも開いている事が判明しました。
骨盤が開くと、内臓が下がって、下腹がポッコリ出てしまうそうです。妊娠の経験がなくても、姿勢が悪いとなる可能性もあるそうです。

骨盤の開きによる産後太りには、「インスパイリング・エクササイズ」が絶大な効果を及ぼすということです。しかも、短期間で、緩んだ骨盤を引締めることが可能であると、Micacoさんは断言していました。

ここで、テレビで紹介されていた、「インスパイリング・エクササイズ」をご紹介します。


【インスパイリング・エクササイズ1】~腰からお尻をスッキリきれいに!~

1. 仰向けに寝て、両足を軽く開き、ヒザを立てる
2. 両手で両足首をつかむ
3. 片方のヒザを内側に倒して 床をたたくように10回バウンド
4. 10回目に息を吐きながらヒザを床に押し付け10秒間キープ(左右 各1回)

ポイント 肩甲骨が床から離れないように!


【インスパイリング・エクササイズ2】~女性の憧れ、理想の小尻に!~

1. 仰向けに寝て、両足を軽く開き、ヒザを立てる
2. 両手で両足首をつかむ
3. 足のつま先を立てて、お尻をぐっと持ち上げ10回バウンド
4. 10回目に息をはきながら、さらにお尻を持ち上げ10秒間キープ!
5. 両ヒザをかかえて胸のほうへ5~6回引きつけて骨盤をゆるめる(1回)

ポイント 肩甲骨が床から離れないように!


【インスパイリング・エクササイズ3】~代謝力アップで太らない身体に!~

1. ヒザを立てて両足のカカトとヒザをぴったりくっつけます
2. 両ヒザの間が開かないようにお尻をカカトにくっつけます
3. 手をおヘソの下において、お尻を持ち上げ腰を20回上下にバウンド
4. 20回目に息を吐きながらお尻をさらに上げて10秒間キープ!(1回)


【インスパイリング・エクササイズ4】~骨盤の歪みを改善~

1. 仰向けに寝た状態で、膝を立てて両足のカカトをぴったりくっつける
2. 片方の足を真横に倒してお尻を斜め45度に持ち上げる
3. この状態でさらに腰を10回バウンドさせる
4. 10回目に息を吐きながらさらにお尻を上げて10秒間キープ
5. 倒していた足を戻し、両腕を開いて床につけた状態で、両足を左右5回程度ふる
6. 1日に左右1回行う


【インスパイリング・エクササイズ5】~下半身のラインを美しく~

1. 仰向けに寝て、膝を立てた状態で、お尻から持ち上げるように片足を上げる
2. カカトで蹴り上げるようにお尻から足先を10回バウンド
3. 10回目が終ったらそのままキープする
4. 足を伸ばしたまま膝の高さまで下ろして10秒間キープ
5. カカトで床を叩くように10回バウンド
6. 両膝を抱えて膝を胸の方に引きつけ骨盤を5回程度ゆする
7. 1日に左右1回行う

骨盤のゆがみ解消して、出産前のスタイルを取り戻しました!
妊娠・出産でゆがんでしまった骨盤を、骨盤ウォーカーベルトは、骨盤にベルトを巻いてゆがんだ骨盤をしっかり矯正します。骨盤を正常な位置に戻し、産後の気になる下半身太りを解消します。
産後ダイエットの方法&成功の秘訣 新着情報

産後ダイエットが気になるかたも少なくはないですよね。産後ダイエットは早えに始めるのが良いそうです。実は産後6ヶ月までが勝負だとよく言われています。しかし、現実をみてみると育児を手伝ってくれる人がいたり、実家に住んでいるわけでなければ、毎日、一人で育児や家事をこなさなければならないですよね。「育児と家事に忙しくて産後ダイエットどころじゃない!」と感じている方も多いのではないでしょうか。それでは、産後ダイエットは、いつどのような時にすればよいのでしょうか?本当に、心から、出産する前のスタイルに戻りたいと思うのであれば、赤ちゃんが寝ている間の時間を利用してみましょう。

生まれたばかりの赤ちゃんは、一日のほとんどの時間を寝ています。その時間を有効に使うとよいでしょう。産後ダイエットは、お腹周りについた脂肪を取ることが、まずはじめの段階です。出産した後のからだは、出産によって減ってしまった筋肉の代わりに、脂肪の割合が増えているのです。また、基礎代謝も低下してしまいますのでカロリーを消費しにくくなり、太りやすい体質になってしまっています。そういった時期に、甘いものを食べてしまったり、食事量を増やしたりすれば産後太りが進行してしまうので、注意が必要です。

低下してしまった基礎代謝を上げるために簡単な運動などを実践しましょう。そして脂肪を落として、その代わりに筋肉をつけるように心がけましょう。筋肉をつければ、基礎代謝がアップしますので産後太りも防ぐことができます。芸能人の中でも、産後、取り入れている人がいましたが、骨盤を矯正しリンパの流れを整えるといった「インスパイリングエクササイズ」は、比較的、簡単に取り入れられますし、効果も高い方法だといわれています。休日は、パパに赤ちゃんを任せてみるのも良いかもしれません。そして、気分転換にジムに出掛けて軽く運動してみるのもいいでしょう。運動もできますし、パパに育児の大変さをわかってもらう機会にもなりますよね。これは、ある意味一石二鳥かもしれません。

産後ダイエット関連ニュース